いつがいい?日本政策金融公庫で2回目の融資を受けるタイミング

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
会社設立支援や資金調達支援など、これから起業を検討している方やすでに起業している経営者の皆さんを様々な角度からサポートしています。

すでに日本政策金融公庫から融資を受けていて完済したけれど、「事業が軌道に乗り安定した売上が上がってきたので2店舗目をオープンしたい」「取引先が増えてきたので従業員を新たに雇用したい」などの理由から、再度資金調達したいと考えている経営者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

今回は、2回目の融資を受けるならどのタイミングで借りるのが良いのか、ご紹介します。

1.完済してないけど、追加で融資は受けられるの?

結論から言うと、日本政策金融公庫で融資を受けてすぐに追加融資を受けることは非常に難しいです。

業績が非常に良く、今後売上が伸びる見込みがあれば可能性はゼロではありませんが、返済実績がないなかで追加融資を受けるのは厳しいでしょう。

追加融資を受ける場合は、借入金の3割程度返済が終わったタイミングが受けやすいと言われています。

2.追加融資を受けるなら決算終了後がベスト!

1年間の数字が確定した決算後が、融資を受けるベストタイミングです。

個人事業主の方は、確定申告後になります。

3月決算の会社の場合、税務署に提出した書類に印鑑が押されて手元に届くのが5月中になりますので、この期間に融資を受けるのが良いでしょう。

3.完済後3年以内が借りやすい!

初めて日本政策金融公庫から融資を受ける場合、借入の実績がないため提出書類も多く手間がかかります。

一方、2回目の融資であれば、きちんと期日を守って返済している方に限りますが、比較的簡単に早く融資を受けることが可能です。

このようにスムーズに融資を進めるには「完済後3年以内」であることがポイントです。

なぜなら借入金完済後3年間が経過すると、日本政策金融公庫ではデータを破棄してしまいます。

つまり、完済してから4年経って再度融資を受けようとすると、初めて融資を申し込んだときと同じ状況になってしまうということです。

日本政策金融公庫から継続的に資金調達していきたいと考えているのであれば、3年以内に融資を受けるようにしましょう。

2回目の融資を受けるタイミング

まとめ

追加融資を受けようと考えているのであれば、タイミングや決算書の中身が重要になります。事業をさらに拡大していくためにも計画的に資金調達していきましょう。
追加融資を受ける際のポイント

◆融資って何?

そもそも「融資」って何ですか?融資が何か詳しくご紹介します!

 

◆融資って経営・独立に必要?

融資って経営・独立に必要?

 

◆初めて融資を受ける場合は、何をすればいいの?

はじめての融資!融資を受ける準備は何をすればいい?

 

◆多くお金を借りるためにはどうしたらいい?

日本政策金融公庫から融資で1円でも多く、融資金額を引き出す方法とは?!

 

◆金利は何パーセントになるの?

日本政策金融公庫の金利計算をシミュレーション!金利が0.1%変わると返済金額はどう変わるのか?

 

◆返済期間はどれくらい?

創業時に日本政策金融公庫でお金を借りる場合の返済期間は、5年以上!?

 

◆政府系金融機関の日本政策金融公庫って借りやすいの?

日本政策金融公庫を利用する8つのメリット1つのデメリット

 

◆制度融資って何?

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

 

◆保証協会付の融資って何?

創業者にとっても味方である、信用保証協会とは?

 

◆創業時はどの融資制度が良い?

創業融資なら日本政策金融公庫か信用保証協会の制度融資のどちらが良い?

 

このようなお悩みを解決するために、創業融資ガイドでは、1つ1つ丁寧に資金調達について開設しております。

ぜひ、皆様の創業・独立開業・経営にご活用ください。

 



株式会社SoLaboがあなたの融資をサポートします!

株式会社SoLaboは、中小企業庁が認める認定支援機関です。
これまでの融資実績は2,400件以上。
とくに日本政策金融公庫からの融資サポートに力を入れています。

- SoLabo(ソラボ)の特徴 -

  • 融資相談無料
  • 着手金ゼロ 完全成功報酬
    (12万円もしくは融資額の2%のいずれか高い方)
  • 提出書類作成と面談サポート
  • 日本全国対応可能

起業者支援の専門家に相談してみませんか?