個人事業者の決算・確定申告のコツ!?

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
会社設立支援や資金調達支援など、これから起業を検討している方やすでに起業している経営者の皆さんを様々な角度からサポートしています。

個人事業者の決算・確定申告のコツ!?

いよいよ今週から所得税及び復興所得税の受付が開始されました。
個人事業者の方は収支内訳書や青色申告決算書の集計は出来てますでしょうか?
最近では自動で決算申告ができるクラウド会計ソフトのfreeeや「MFクラウド」などの会計システムが出てきており便利になってきました。

ただ、自動とはいえ「各勘定科目の内容及び数字は合っているか?」「決算整理」などを確認して行う必要があります。
今回はどのような確認・作業をしていくのか?代表的なものを説明していきます。

各勘定科目のチェック

領収書・請求書・通帳などの集計が完了しましたら、各勘定科目の残高を合わせ、内容を確認していきます。

  • 現金
    実際の現金有高と合っているか
  • 預金
    通帳ごとに残高を確認する。
  • 売掛金
    得意先ごとに12/31現在で未回収の金額が計上されているか
    (翌年1/1以降の入金と前年12/31現在の未収金とを照合しておくとより確実です)
  • 買掛金
    取引先ごとに12/31現在で未払いの金額が計上されているか
    (翌年1/1以降の支払と前年12/31現在の未払いとを照合しておくとより確実です)
  • 預り金
    社会保険や源泉所得税・住民税が正しく計上されているか
  • 借入金
    返済予定表と帳簿の残高を照合する。
  • 経費科目
    資産計上(減価償却資産を含む)すべき取引はないか
    (10万円以上の消耗品などは注意してください)
  • 経費科目
    プライベイトの支出が含まれていないか。
    事業と家事が混同する取引は合理的な割合で按分されているか。

決算整理事項

各勘定科目の集計と確認が出来ましたら、決算整理事項を集計値に加減算していきます。

  • 売上の帳端分
    例えば毎月20日〆の得意先の場合は、翌年1月分の請求書控や納品書控より
    12/21~末までの売上を集計して計上する。
  • 支払の帳端分
    例えば毎月20日〆の取引先の場合は、翌年1月分の請求書や納品書より
    12/21~末までの仕入・経費を集計して計上する。
  • 減価償却資産
    新規に取得したものや除却・売却したものを整理・計算を行い、
    減価償却費を計算して経費計上する。
  • 家事費の按分処理
    事業と家事が混同する取引を期中に全額経費計上している場合は、
    合理的な割合で按分して家事費部分を経費より減算する。
  • 棚卸資産
    前年の棚卸高を期首商品棚卸高、当年の棚卸高を期末商品棚卸高として売上原価に加減算する。

いずれも実務的によく出てくる項目についてまとめてみました。
この項目以外にも事業者ごとに異なる場合もありますのでご注意ください。

 

◆融資って何?

そもそも「融資」って何ですか?融資が何か詳しくご紹介します!

 

◆融資って経営・独立に必要?

融資って経営・独立に必要?

 

◆初めて融資を受ける場合は、何をすればいいの?

はじめての融資!融資を受ける準備は何をすればいい?

 

◆多くお金を借りるためにはどうしたらいい?

日本政策金融公庫から融資で1円でも多く、融資金額を引き出す方法とは?!

 

◆金利は何パーセントになるの?

日本政策金融公庫の金利計算をシミュレーション!金利が0.1%変わると返済金額はどう変わるのか?

 

◆返済期間はどれくらい?

創業時に日本政策金融公庫でお金を借りる場合の返済期間は、5年以上!?

 

◆政府系金融機関の日本政策金融公庫って借りやすいの?

日本政策金融公庫を利用する8つのメリット1つのデメリット

 

◆制度融資って何?

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

 

◆保証協会付の融資って何?

創業者にとっても味方である、信用保証協会とは?

 

◆創業時はどの融資制度が良い?

創業融資なら日本政策金融公庫か信用保証協会の制度融資のどちらが良い?

 

このようなお悩みを解決するために、創業融資ガイドでは、1つ1つ丁寧に資金調達について開設しております。

ぜひ、皆様の創業・独立開業・経営にご活用ください。

 



融資が受けやすくなる確定申告・決算書とは?

確定申告・決算書を工夫して作成することで、
融資が受けやすくなります。

  • 節税もしたいが、融資も受けたい
  • 会社を成長させるためにどんな確定申告書・決算書を作成すればよいか
  • 融資を受けやすい決算がどんなものか知りたい
  • 低金利で融資を受ける方法を知りたい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

起業者支援の専門家に相談してみませんか?