起業するなら銀行口座は複数あるべきって聞くけど、それは何故か

起業家のみなさん。自分が普段お使いの銀行口座を使ってビジネスを始めると、あとあと大変なことになります。

今回の記事では、なぜ起業に銀行口座が複数必要なのかをわかりやすくご説明します。

1.【理由1】支出と入金の口座が一緒だと売上管理がしづらいから

事業を継続的に行うのであれば、お金の流れに強い経営者にならなければいけません。家計の場合もそうですが、収入以上に支出が多い場合は赤字となってしまいます。そのため、随時「入金」は今と今後いくらなのか、「支出」は今と今後いくらなのかを常に把握する必要があります。クレジットカードの使い過ぎの破産も事業破産も、収入と支出の実態を知らずバランスが取れなくなり、潰れてしまったのです。

収入と支出を手っ取り早く知る方法で皆さんが使っているのは、通帳記入です。通帳には日付・概要・支払い金額・預かり金額、そして取引残高が記載されます。SNSで言うタイムラインのように取引された項目がズラリと並んでいますが、これでは一目で入金と支出を把握することができません。

ではどうすればいいのか?まず、起業したのに個人口座で事業資金を管理しているのであれば、事業用にまずは一つ口座を作りましょう。入金専用口座を作るのです。そうすれば、「あれ、〇月の△さんの売掛金が未払いだなあ」などと、売上管理がしやすくなります。

入金専用口座はネット銀行でなく通帳をもらえる銀行の方が良いですね。売上を計上した日に入金がある訳ではなく、日付はずれる場合が多々あります。そのため、売上簿と通帳を照らし合わせれば、未入金分を見逃すことがなくなります。

2.【理由2】支出専用の口座を作ると支払い管理がしやすい

事業主として、日々やることはたくさんあります。飲食業や小売業であれば仕入れや光熱費の支払い、そして雇用者の管理や給与支払いなどオーナーにとってタスクはたくさんあります。

何が言いたいかと言いますと、この中で支払管理をするのはとても大変だということです。「支払いは嫁にやらせているから大丈夫だよ」という男性の方もいるかもしれませんが、それだって自分で確認して見やすい方がいいですよね。こちらも、できれば通帳をもらえる銀行の方がオススメです。メモできますからね。

通帳がない銀行の場合でも、ネット銀行の入出金明細を印刷してメモすれば代用できます。但し、日本政策金融公庫で融資を受けた方は注意してください。日本政策公庫で借りたお金を引き落とす場合、その引き落とし口座でネット銀行は不可になります。融資に通って着金する前に、通帳のもらえる銀行口座を作成してくださいね。

支払い専用口座には最初に〇十万円~〇百万円など、毎月のだいたいの支払額に合った金額を毎月入金専用口座から引き出して入金します。筆者の場合、Googleカレンダーに繰り返し予定として「〇〇口座に〇万円入金する」と書いてメールが来るように設定しています。マネーフォワードなどのお金管理アプリを使えば、常に口座残高が丸見えですので、口座管理もスムーズです。

3.【理由3】3つ目は税金支払い専用の口座にする

入金専用口座、支出専用口座ときて、最後にご紹介するのは税金支払い専用の口座です。なぜそんなことをするのか?税金が払えないと日本政策記入公庫などの融資が受けられなくなるからです。

創業融資を受けた直後は、オーナーは手元に資金がたくさんあるため、一時的に「お金持ち」になった錯覚をしてしまいます。しかし、事業を始めて2年目以降は法人税などの税金を支払わなければいけません。

税金分は起業後すぐに、支払い分は毎月月初など決められた日付で支払い専用口座に入れて引き出さないように隠しておくこと。これが、起業後お金に困らず(売上がなければ別ですが)経営をスムーズにする口座の活用法です。

まとめ

これから事業を始める方は、ご自身の個人的な口座を使うのではなく、3つの口座を作りましょう。キャッシュフローを正確に把握できるためオススメです。

日本政策金融公庫から融資を受ける場合は、ネット銀行以外の口座開設をするのもお忘れなく。



会社設立後に、倒産リスクを大幅に軽減するための方法とは?

倒産リスクを軽減させるためには、創業してすぐに日本政策金融公庫を利用すべき

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 日本政策金融公庫から創業時に融資を受けたい
  • 会社の倒産リスクを軽減したい
  • 毎年会社を成長させていきたい
  • 余裕があるタイミングで融資を受けておきたい
  • 低金利で融資を受けたい
  • 独立をするために資金が必要

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

起業者支援の専門家に相談してみませんか?