最大150万円を助成! テレワークの導入・実施でもらえる助成金とは?

最大150万円を助成! テレワークの導入・実施でもらえる助成金とは?オフィスで決められた時間働かずに、自宅やカフェ、サテライトオフィスなどで柔軟に働く就業形態を『テレワーク』といいます。
総務省の『通信利用動向調査』では、テレワークの導入企業割合は2016年時点で13.3%に留まっており、まだまだ導入が進んでいない状況です。
今回は、そんなテレワークを促進させることを目的とした助成金についてご紹介します。
[Read more…]

有給休暇の取得促進・残業削減を行うと最大150万円を助成!

有給休暇の取得促進・残業削減を行うと最大150万円を助成!現在、世間を賑わせている働き方改革法案。『同一労働同一賃金』や『高度プロフェッショナル制度』など話題となっている内容が多く盛り込まれています。昨今の長時間労働を懸念する声があるなか、残業時間の上限規制、有給休暇の取得義務化といった内容まで盛り込まれており、実際に法案が成立すると、企業が求められる対応も様々なものが出てくることでしょう。
そこで今回は、有給休暇の取得日数所定外労働時間を作成した場合に支給される助成金をご紹介します。

[Read more…]

起業したら社会保険の加入が必須!? 会社が負担する社会保険料の割合とは

起業したら社会保険の加入が必須!? 会社が負担する社会保険料の割合とは会社設立時には、開業準備や登記のほかにも、さまざまな手続きを行わなくてはなりません。そして、その中の一つに“社会保険の加入手続き”があります。

法人を設立した場合は、原則として社長1人であったとしても、社会保険に加入しなければなりません(※1)

今回は、起業を考えている、もしくは起業したばかりの方へ向けて、社会保険の基礎知識をご紹介します。
[Read more…]

[現場に身近な労働法 Q&A]過労死の認定基準における労働時間の考え方は?

[現場に身近な労働法 Q&A]過労死の認定基準における労働時間の考え方は?深夜労働を含む長時間労働が続いた従業員が、くも膜下出血で死亡してしまいましたので、会社としてできるだけのことをしなければと考えています。
労災保険の給付を申請することになりますが、いわゆる「過労死」の認定基準における労働時間の考え方はどうなっているのでしょうか?

(結論)
残業80時間から危険水域
「精神的緊張」も考慮要素に

[Read more…]

経営者が知っておくべき「労働保険」~労災保険・雇用保険~

経営者が知っておくべき「労働保険」~労災保険・雇用保険~会社が加入すべき保険には、「社会保険」と「労働保険」がありますが、各々の内容を正確に把握し、すみやかに手続きを行う
ためにも、正しく有意義な知識を身につけておくべきでしょう。

ここでは、2つの「労働保険」、労災保険・雇用保険について説明していきます。

[Read more…]

経営者が知っておくべき保険の基礎知識

経営者が知っておくべき保険の基礎知識会社の形態が株式会社の場合、「社会保険」と「労働保険」は、従業員の有無にかかわらず、加入義務が発生します(一部業種を除き個人事業主は5名以上で加入義務が発生します)。

しかし、面倒なことに、保険の種類ごとに、提出しなければならない書類は多く、管轄がそれぞれ違うため、提出先の役所が変わります。
すでに会社として加入している事業者ならば、新たな従業員分の追加申請を行うだけで済むのですが、会社を起業させたり、個人事業主からの法人成り(法人化)などで、新たに加入義務が発生した場合、一から手続きを行わねばなりません。
未加入のままでは法律違反となります。

ここでは、経営者として最低限知っておかねばならない各種保険の基礎知識についてわかりやすくお伝えしていきます。

[Read more…]

起業者支援の専門家に相談してみませんか?