「資産家の節税法」で差をつけよう その1

「資産家の節税法」で差をつけよう その1じつは資産形成のために以前、不動産や株式を購入しております。
こうした固定費を少しでも抑える方法はあるのでしょうか?

このような悩みを抱えている経営者は多いので、いくつか効果的な方法をご説明します。
すぐに活用できる方法もありますので、現状を見直すだけで、節税できるものもあるはずです。

[Read more…]

子供に土地を売却したら贈与税の対象に!? 親族間での財産譲渡に要注意

子供に土地を売却したら贈与税の対象に!? 親族間での財産譲渡に要注意配偶者や子供への財産譲渡は生前の相続対策としてもよく利用されます。
贈与の場合には原則として贈与税が課せられますので、高額財産についてはあまり現実的ではないかもしれません。そこで、親族間で土地等を移転する場合、売買とするのはよくあるケースです。
ただし、注意しないと税務署から指摘を受け、思わぬ税負担を課されることがあります。

今回は、親族間の譲渡で気をつけておくべきポイントをご紹介します。

[Read more…]

こんな勘違いをなくそう! 情熱を持っていても、 数字で審査されてしまう理由

情熱を持っていても、 数字で審査されてしまう理由20年以上前のバブル絶頂の頃、会社は土地を担保に、銀行から融資を受けることができました。

当時、「土地の価格は下がらず上がる一方。土地を持っていれば自動的に利益を手にできる」という『土地神話』が信じられていました。
そのため、業務内容や経営状態に関係なく、担保となる土地の価格と同じ額の融資を受けられました。
しかし1990年代以降、日本バブルは崩壊し『土地神話』も消え去りました。

[Read more…]

自宅の買い替えや譲渡で損失が出た場合の特例 損失額は3年間にわたり繰り越せる!?

自宅の買い替えや譲渡で損失が出た場合の特例特例を受けるためには、必ず確定申告が必要になります。

要件には詳細な規定がありますが、事案によっては複数の特例要件に該当する場合があります。
どの特例を受ければもっともメリットがあるのかは、慎重に検討する必要があるでしょう。

[Read more…]

事業用建物・土地は会社、個人のどちらで購入したほうが得?

事業用建物・土地は会社、個人のどちらで購入したほうが得?
事業用建物・土地を会社で購入するのと、個人で購入して会社に貸すのとででは、どちらが得なのでしょうか?
結論からいうと、個人の年間所得が高額でなければ、個人が購入して会社へ貸すほうが、税金は安く済みます。

[Read more…]

土地、建物を一括購入したときの価格はどうなるの?

company-place
土地と建物を同時に購入し、それぞれの金額が区分されていない場合は、どちらか合理的に算定できるほうを選んで価格を決め、もう一方の価格を出します。
今回は土地、建物を一括購入したときの価格についてご紹介します。

[Read more…]

起業者支援の専門家に相談してみませんか?