日本政策金融公庫で融資をする方は必見!税理士通すと金利が低くなる?

起業・開業する方が資金調達で使う金融機関として有名なのは日本政策金融公庫です。まだビジネスの実績がない方でも1,000万円前後の借入が可能で(審査があります)、さらに金利は2%台とかなりの低金利です。

融資の申し込みは個人でも可能ですが、税理士を通して申込めばこの金利がさらに下がるというメリットがあります。

[Read more…]

事業計画書の作成方法を知って、「中小企業経営力強化資金制度」を受けよう!!

事業計画書の写真融資を受けると、融資額と利息分の返金をしなければなりません。利息を少しでも下げることができたら嬉しいものです。

日本政策金融公庫の融資で、認定支援機関を経由したのちに融資を受けることで、利息が約1%軽減する制度が存在します。

今回は、利息を下げるための制度と、その利用方法についてお話していきます。

[Read more…]

「見せ金」で日本政策金融公庫の融資に通るのか?

「見せ金」とは、融資の世界では「自己資金のない人が融資を受ける際、融資に通るために一時的にキャッシングやカードローンで借りたお金を銀行口座に預け入れること」です。

起業ブームで日本政策金融公庫から融資を受ける人が日々増えていますが、公的金融機関でこの見せ金は果たして通用するのでしょうか?

[Read more…]

日本政策金融公庫から融資を受けよう!申込から融資確定までの流れ

日本政策金融公庫での融資を検討している経営者の方。

資金調達をスムーズに進めるためにも融資の申込をしてから融資が確定し着金するまで、どのような流れでどのくらい時間がかかるのか、きちんと把握しておきましょう。

 

[Read more…]

新創業融資制度とは

新創業融資制度をご存知ですか?これから起業する方が日本政策金融公庫で融資を受ける場合、ほとんどの方がこの制度を利用することになるでしょう。

今回の記事では、この新創業融資制度の特徴や概要について解説します。 [Read more…]

日本政策金融公庫の融資審査は甘い?噂の真相とは??

女の子が虫眼鏡を覗いている写真事業を行っている方で、日本政策金融公庫の融資を希望している方の中には“日本政策金融公庫の融資審査は甘い”という言葉を耳にしたことがある方もいるかもしれません。

多額の資金融資を希望していて、審査が甘いとなれば誰もが受けたいと思うかもしれません。

では実際のところどうなのか。その真相について見ていきましょう。

[Read more…]

融資を受ける際に提出する創業計画書。その作成方法をチェック!!

創業計画書の画像日本政策金融公庫で融資を受ける場合に提出するものが「創業計画書」ですが、この資料は融資に関わるとても重要なものとなります。

書き方によって、融資が成功するかどうかが決まることもあります。

融資成功に向けて、「創業計画書」の書き方を1つ1つチェックしていきましょう! [Read more…]

一番借りやすい起業前後に創業融資の審査に失敗する理由とは?

お金が落ちていく写真創業のための資金を借りようと思っている事業主の方がもっとも心配なのが、審査に通ることができるのかどうかではないでしょうか。

個人のクレジットカードの審査とは違って、創業融資での借入金は少なくても300万円と大きな融資ですので、審査を無事に通るかどうか心配なのは当然です。

しかし、自信をもって創業融資の申し込みをして審査に挑んだとしても、残念ながら審査に通らずに借り入れに失敗してしまうこともあります。

一度審査に落ちてしまうと、再度審査を受けるには最低半年間は待つ必要があります。

資金調達を必ず成功させたいという方のために、今回は創業融資の審査に失敗してしまう原因について説明していきます。

[Read more…]

事業を始めようと思ったら知っておくべき2つの現実

これから事業をスタートさせる方は皆さん「成功」するイメージを持ってスタートされると思います。念願の独立、夢の実現のための事業スタートですからネガティブな気持ちでスタートさせる方はいないですよね。

しかし、本当に成功を掴むためには「現実」を知ることも大切なことです。

[Read more…]

日本政策金融公庫から融資を受けるために開業前のチェック事項

チェックボードの画像開業前に個人事業主が融資を受ける際、やっておかなければならないことをチェックリストとしてまとめました。

融資を受ける人でも、受けない人でも、開業後に思うように売り上げが伸びないということもあるかと思います。

売上が予想より少なく、危機に陥ってから融資を受けようと思っても、融資を受ける事が難しくなります。

開業してから売上を伸ばせるのかどうかわからないのであれば、資金を余剰に確保するためにも、開業してすぐに融資を受けられるようにしっかりと準備をしておきましょう。

法人であれば、登記簿謄本を用意したあとであれば、いつでも融資を申し込むことができます。

個人事業主であれば、開業予定地がきまっていれば融資を申し込むことが出来ます。

[Read more…]

起業者支援の専門家に相談してみませんか?