「会社の節税法」で差をつけよう その6

「会社の節税法」で差をつけよう その6固定資産」と「棚卸資産」は、会社にとって非常に重要な資産です。
固定資産は長期的に使用されることによって間接的に売上に貢献する資産で、減価償却費として費用計上されるものです。
棚卸資産は販売により直接売上に貢献する資産で、売上原価として費用になります。

[Read more…]

「会社の節税法」で差をつけよう その5

「会社の節税法」で差をつけよう その5会社の節税対策の基本は、やはり決算時の対策です。
会社の業績がほぼ確定する時期なので、税金の支払額もおおよそわかるからです。

決算期末から申告期にかけてできる節税対策を見ていきましょう。

[Read more…]

「会社の節税法」で 差をつけよう その2

「資産家の節税法」で差をつけよう その2人件費を使った節税の代表は、役員報酬や役員退職金を活用したものです。
役員(従業員)として働いている家族に給与を支給することで、所得の分散が可能になるからです。

雇用契約に基づく従業員への給与と賞与について、どのような節税法があるか考えてみましょう。

[Read more…]

「会社の節税法」で差をつけよう その1

「資産家の節税法」で差をつけよう その1Q:先生、わが社は業界でも右肩上がりで売上を伸ばしています。なのに、手元に残るお金が少なくて……
人件費を見直したり、コスト削減したり、費用を減らす努力をしているんですが、節税対策をしたほうがいいでしょうか?

A:そうですね。会社の節税を見直すときには、まず「通年」と「決算時」に分けて具体策を考えてみましょう。
ポイントはいかに費用計上できるか。契約書を活用したものから退職金の見直しまで方法はいろいろあります。
[Read more…]

借入で注意したい 4つの書類と そのポイント~決算書・貸借対照表~

「決算書」は提出前にココをチェックせよ融資を申し込む際、決算書などの書類を見直しせずに提出していませんか?

融資を申し込むとは、自社を売り込む営業活動です。
提出する書類はどの企業も同じであるため、アピールポイントは「正確さ」が重要になります。
ここでは、借入で注意したい 4つの書類のうち、「決算書」と「貸借対照表」についてみていきましょう。
[Read more…]

売れ残った自社商品を社員に販売すると給与になる?

売れ残った自社商品を社員に販売すると給与になる?「年末や期末に売れ残った自社商品の処理をどのようにするのか?」

この問題に頭を悩ます経営者は多いのではないでしょうか?
中には、売れ残った商品を割引して、社員へ販売する企業もあります。
これは福利厚生の側面からも有効な方法ですが、税務上で思わぬ注意点がありますので、ぜひおさえておきましょう。

[Read more…]

こんな勘違いをなくそう! 情熱を持っていても、 数字で審査されてしまう理由

情熱を持っていても、 数字で審査されてしまう理由20年以上前のバブル絶頂の頃、会社は土地を担保に、銀行から融資を受けることができました。

当時、「土地の価格は下がらず上がる一方。土地を持っていれば自動的に利益を手にできる」という『土地神話』が信じられていました。
そのため、業務内容や経営状態に関係なく、担保となる土地の価格と同じ額の融資を受けられました。
しかし1990年代以降、日本バブルは崩壊し『土地神話』も消え去りました。

[Read more…]

退職予定者から賞与の前払いを請求されたらどうすればいい?

退職予定者から賞与の前払いを請求されたらどうすればいい?賞与の支給日前に退職する従業員から、賞与の前払いを請求されました。
どのような対応をすればいいのでしょうか?

(結論)
厚生労働省のモデル就労規則によると、「賞与の支給対象者を『一定の期日(6月1日や12月1日、または賞与支給日)に在籍した者』とする規定を設けることで、期間の途中で退職等をし、その日に在職しない者には支給しないことも可能」となっています。

つまり、支給日に在籍しない場合は賞与付与の対象外にできると考えられます。

[Read more…]

まずは現状を把握し計画を立てることから

まずは現状を把握し計画を立てることから

具体的にキャッシュリッチ経営をめざすためには、何をすべきなのでしょうか。
 
売上ではなく、利益に重点をおいた経営をすればよいのでしょうか。
 
間違ってはいけないのは、利益も売上と同じく、単なる会計上の活用解釈です。
つまり、決算の方法によっては利益がでたり、でなかったりしてしまいます。
経営者は売上と利益だけを考えるのではなく、キャッシュがどれぐらい会社に残っているのかを一番重要視しなければいけないのです。
 
そのためには次の「5つのこと」を実践するようにしてください。

[Read more…]

決算は必ず黒字にしましょう

決算は必ず黒字にしなさい

みなさん方の学生時代の成績はどうだったでしょうか。

成績のいい人は、堂々と自分の通知簿を人に見せたりできました。
でも、この通知簿、就職のときまでは役に立つものの、社会人になってからは、なんの通行手形にもなりません。

銀行に行って融資を受けるとき、銀行の担当者は「社長、学生時代の通知簿を見せてください」とは言いません。

では、この場合、社長は何を銀行に見せればよいのでしょうか。

[Read more…]

起業者支援の専門家に相談してみませんか?