決算書をわざと赤字にする理由とは?赤字決算のメリット・デメリット

決算書は企業にとって成績表のようなものです。単純に言えば、赤字より黒字の方が良いに決まっています。

しかし、わざと決算書を赤字にすることで、結果的に企業を存続させることができたという企業もあります。

[Read more…]

「会社の節税法」で差をつけよう その4

「会社の節税法」で差をつけよう その4会社の節税法は、主に次の4つに分類できます。

①お金が出ていく節税の方法
②お金が出ていかない節税の方法
③税金の額が減少する節税の方法
④税金の支払いを繰り延べる節税の方法

実際には、これらの組み合わせで節税策を考えることになります。

[Read more…]

税理士がいるだけで、ビジネスは変わる  その4

税理士がいるだけで、ビジネスは変わる  その4現在、新規設立した企業 10 社のうち9社が 10 年以内に倒産すると言われています。

人が健康診断を受けて、病気の早期発見につながるのと同じように、企業も悪い兆候を早めにみつけて対処することで、健全な経営を続けていくことができるはずです。

では、会社における健康診断とはなんでしょうか。
[Read more…]

税理士がいるだけで、ビジネスは変わるその3

税理士がいるだけで、ビジネスは変わるその3起業を考えていて、個人か法人かで迷っている場合には、税法上、どちらの納税額が安いかで決めるのも1つの方法です。
一般的には、年収が700万円、または年商が1000万円を超えたあたりが判断基準と言われます。
[Read more…]

税理士がいるだけで、ビジネスは変わる その2

税理士がいるだけで、ビジネスは変わる その2決算書に税理士の判がある場合、「この会社は○○税理士が顧問だから、脱税はしないだろう」という印象を税務署に与えることがあります。
そのほかにも税務調査へ入る企業リストから外されたり、3年に1回の税務調査が5年に1回になったりするなどのメリットが考えられます。

ところが、です。

税理士が判を押していない決算書があると、個人の年金受給者といったレベルなら許されるのですが、年商がある程度の株式会社など法人格については、税務署に与える印象がまったく変わってきます。
[Read more…]

こんな勘違いをなくそう! お金に困る経営者ほど「感覚」で判断する

9%_s1_mainあなたは自分の会社が「あと○年は生き続けられる」と自信をもって言えますか?
いきなり縁起でもない質問をするな、期限付きで会社を興したり経営をしている人間がいるものか──と思ったかもしれません。
もちろん経営者であれば、できるだけ会社を存続させたい、繁栄させて子どもや孫の代まであとを継がせたい、と考える方がほとんどでしょう。

[Read more…]

数字はシンプルに理解し、何度も確認する

数字はシンプルに理解し、何度も確認する
決算書には、2種類あります。貸借対照表と、損益計算書です。
多少の誤解を承知でざっくりと説明しますと、
損益計算書とは1年間の経営状態を表したもの、
貸借対照表は「これまでの期すべての合計」の経営状態を表したものとなります。
今回は決算書を説明していきます。

[Read more…]

銀行が注意して確認する決算書のポイントを把握しておこう!

銀行が注意して確認する決算書のポイントを把握しておこう!

銀行が貸し出しの審査を行う際、決算書による「信用格付け」から判断します。
すなわち、決算書の内容次第で、プロパー融資を受けられるかが決まるのです。
では、銀行は決算書どの部分を見て、融資を判断するのでしょうか?

[Read more…]

銀行に好かれる決算書の書き方を意識しよう

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s起業したばかりの経営者は、銀行とどう付き合ったらいいかわからない人がほとんどだと思います。
それは、銀行があなたの会社のどこを見ているか、何を望んでいるかを知らないからです。

銀行がお金を貸す条件はシンプルです。
「増やして返してくれる企業」
には、喜んで貸してくれます。

ではどのように、銀行に対してアピールしたらよろしいのでしょうか。
[Read more…]

銀行に喜ばれる決算書を作るための5つのチェックポイント

fbfac7bbf8a031e24d6d042d7409d3de_s以前の記事で、融資を受ける際は企業の格付けが大事であるとお伝えしました。

(以前の記事はこちら → 融資を受けられる会社と受けられない会社を分ける2つのポイント

今回は、銀行に融資を申し込む際に提出する決算書の書き方について、事前にチェックすべきポイントをご紹介します。

ぜひ最後までご覧いただき、喜ばれる決算書を作成する際の参考にしていただければと思います。

まずはすぐに確認できる、最も簡単な3つの確認事項を紹介します。 [Read more…]

起業者支援の専門家に相談してみませんか?