「会社の節税法」で差をつけよう その6

「会社の節税法」で差をつけよう その6固定資産」と「棚卸資産」は、会社にとって非常に重要な資産です。
固定資産は長期的に使用されることによって間接的に売上に貢献する資産で、減価償却費として費用計上されるものです。
棚卸資産は販売により直接売上に貢献する資産で、売上原価として費用になります。

[Read more…]

「税理士」に関するQ&Aその2

「税理士」に関するQ&Aその2税理士にまつわる一般のお客さまからのよくある質問をQ&A形式でまとめました。
知っているようで知らないことや、今更聞けない!?といった疑問にお答えします。是非参考にしてください。

 

 

[Read more…]

業界別税理士の活用方法(介護事業)

tax-accountant5-4これまでの記事では、いい税理士の条件や探し方などについていろいろと述べてきました。
ここでは業種別税理士の活用法~介護事業編~をご紹介します。
これから新たに税理士を探される方は今後の参考にして下さい。
[Read more…]

年会費や入会金、課税の基準は?

年会費や入会金、課税の基準は?ビジネスをしていると同業者団体や組合などに加入が必要なことがあります。
例えば、同じ業界での親睦や地位向上、技術向上のため、付き合いで、ということもあるでしょう。
こういった団体に所属した際の年会費や入会金の請求書を見ると、『消費税不課税』などと書いてあり、消費税分は請求されていないことがあります。
クレジットカードの年会費などは当然のように消費税がかかっているのに、なぜこの場合は不課税なのでしょうか? その境目をお話します。

[Read more…]

業務中に発生した罰金や反則金などはどう処理される??

業務中に発生した罰金や反則金などはどう処理される??配送業者の従業員が配送中に駐車違反をしたため、会社が罰金を支払うことになった――。

このように、業務を遂行する上で過料や科料、罰金を課され、会社が支払った場合、会計処理はどのように行えばよいのでしょうか?

 

[Read more…]

自宅を賃貸した場合、家賃収入の消費税は課税? 非課税??

自宅を賃貸した場合、家賃収入の消費税は課税? 非課税??引っ越しや異動といった理由で自宅を他人に貸し出し、家賃収入が発生するケースがあります。

今回は、その家賃収入に関する消費税について解説します。

原則として、住宅の貸付は非課税となりますが、家賃収入に消費税が課税される場合がありますので、ケースごとに見ていきましょう。

[Read more…]

「消費税のみなし仕入率」改正の影響と対策

「消費税のみなし仕入率」改正の影響と対策

消費税の簡易課税制度については、一部の経過措置の適用がある事業者を除き、平成27年4月1日以後に開始する課税期間について、みなし仕入率が一部改正されました。

今回は、この改正についての影響や対策を解説いたします。

 

[Read more…]

確定申告で要注意!消費税の計算、間違っていませんか?!

確定申告で要注意!消費税の計算、間違っていませんか?!

確定申告書の作成は進んでいますか?
今回の個人事業者の確定申告は、平成26年1月1日~平成26年12月31日までが集計期間となるのですが、この間に消費税率が5%→8%に変わっています。
3月31日までが5%対応、4月1日以降が8%対応となり、それぞれの税区分ごとに売上・仕入・経費などを集計しなければなりません。

今回の記事は実際にあった事例ですが、原則課税なのに、あやまって過去数年簡易課税で計算してしまったケースです。

[Read more…]

外注エンジニアへの支払いは「給与」か「外注費」かで消費税の扱い変わる!?

外注エンジニアへの支払いは「給与」か「外注費」かで消費税の扱い変わる!?会社でさまざまな業務を遂行するにあたり、自社の社員だけではリソースが足りず、社外の方にご協力いただくケースがよくあることと思います。

社外の方に発注すると「外注費」になる、と思われがちですが、一概にそうとは言えないようです。
今回はある、会社の経理部長の体験談を元に、「給与と外注費の税務上の取り扱い」についてご紹介します。

[Read more…]

消費税の簡易課税制度のみなし仕入れ率

消費税の簡易課税制度のみなし仕入れ率
平成26年の税制改正で消費税の簡易課税制度のみなし仕入れ率が見直されました。
今回のテーマは「消費税の簡易課税制度、みなし仕入れ率」についてです。

[Read more…]

起業者支援の専門家に相談してみませんか?