会社設立で使う登記簿謄本の種類・手数料・閲覧・登記事項証明書との違い

会社設立をする時の手続きとして、法務局で行う「登記」があります。現在では登記はデータ化され、紙で記録されることはなくなりました。それに伴い、現在では「登記謄本」ではなく、「登記事項証明書」という言葉を使うようになっています。

今回の記事では、登記簿謄本と登記事項証明書という言葉で違いはあるのか、登記簿謄本を取得するための手数料や閲覧方法をわかりやすく解説いたします。

なお、登記をする際の注意点については当サイトで以下の記事もご用意しています。ぜひ併せてご覧ください。

会社登記の具体的な手順と必ず抑えておくべき6つの注意事項

[Read more…]

起業者支援の専門家に相談してみませんか?