クラウドファンディングで集めた資金と税金について

お金が零れ落ちている画像クラウドファンディングは今や代表的な資金調達方法の一つです。

成功すれば多額の資金を集めることが出来るので非常に魅力的な資金調達方法です。

しかし、クラウドファンディングで集めた資金には税金がかかることがあります。

今回は、クラウドファンディングで集めた資金と税金の関係についてご説明していきます。

[Read more…]

フリーランスは税金の相談を誰にすべき?確定申告の基本

フリーランスで事業を営んでいる方は、事業の運営はもちろんですが、それ以外にも事務作業や各種手続きも自分自身で行わなければなりません。

確定申告もそのうちのひとつです。

今回は、フリーランスの方が確定申告で間違えやすいポイントを中心に基本的な内容を解説します。 [Read more…]

フリーランスの確定申告!必要書類を準備しましょう

サラリーマンの方であれば、会社が個人に代わって1年間の納めるべき税金を計算し、税務署へ申告・納税を行います。これが「年末調整」です。

一方、フリーランスで収入を得ている方は、代わりに手続きをしてくれる会社に所属していないため、自分自身で「確定申告」をして税金を納めなければいけません。

会社員でも給料の他に所得がある方や医療費控除を受ける方など確定申告が必要なケースもありますが、今回はフリーランスの方に絞って確定申告をする際の必要書類をご紹介します。 [Read more…]

フリーランスで確定申告しない人ってどんな人?

フリーランスとして働かれている人は会社員と違い、所得税などの申告をじぶんで確定申告する必要があります。

といっても、100%のフリーランスの方が対象ではありません。所得が一定の額以下の方については、確定申告の必要はないのです。また、フリーランスでなくても会社員で副業をしているなどの場合は確定申告が必要になります。

[Read more…]

自宅を職場にするフリーランスが家賃・電気・ネット代を確定申告する方法とは?

年末になると、確定申告について意識するフリーランスの方が多くなります。毎年確定申告をしても、1年が経つとまたわからなくなってしまいますよね。

この記事では、フリーランスの方が家賃など家の中でかかる費用を確定申告で経費として計上する方法をご紹介します。経費として計上できる費用は直接仕事に関係ある費用です

[Read more…]

「会社の節税法」で差をつけよう その6

「会社の節税法」で差をつけよう その6固定資産」と「棚卸資産」は、会社にとって非常に重要な資産です。
固定資産は長期的に使用されることによって間接的に売上に貢献する資産で、減価償却費として費用計上されるものです。
棚卸資産は販売により直接売上に貢献する資産で、売上原価として費用になります。

[Read more…]

今年6月に民泊新法が施行! 民泊を副業にする際の利点と注意点

今年6月に民泊新法が施行! 民泊を副業にする際の利点と注意点近年、個人が自宅の一部などを旅行者に貸し出す“民泊”が注目を集めています。
これを受け、2018年6月15日に『住宅宿泊事業法(民泊新法)』が施行される予定です。
これまで、民泊を営業するには“旅館業法に基づく簡易宿泊の営業許可”や“特区民泊の認定”などが必要でしたが、民泊新法の施行により条件や手続きが簡易化されます。

今回は、民泊を副業とする際の利点と注意点について、ご説明します。

[Read more…]

夫婦がともに病気にかかった場合、高額医療費の「世帯合算」として払い戻しを受けられる?

夫婦がともに病気にかかった場合、高額医療費の「世帯合算」として払い戻しを受けられる?女性従業員の旦那様が病気にかかり、勤め先の会社で私傷病休職として扱われていると聞きました。心労や看護疲れのせいか、女性従業員も体調不良で会社を休むことが増えてきています。

もし2人とも病気にかかってしまったら、彼女たちは高額医療費の「世帯合算」として、医療費の負担を軽減できるのでしょうか?

(結論)
「世帯合算」が指す同一世帯とは、「被保険者+その被扶養者」になります。ですので、女性従業員と旦那様がそれぞれ独立した被保険者の場合は、世帯合算の規定は適用されません。

[Read more…]

生命保険関係の申告漏れは要注意! 税務当局も目を光らせている?

生命保険関係の申告漏れは要注意! 税務当局も目を光らせている?生命保険が贈与税・相続税の税務調査の対象として注目されています。

「名義保険」に関連した贈与税・相続税の申告漏れや課税逃れが目立ってきているからです。

 

[Read more…]

家族への給与は、原則必要経費にならない!?

家族への給与は、原則必要経費にならない!?個人事業主の場合、親族の協力の下に事業を展開・継続することは珍しくありません。
そして、事業が流れに乗り、収益増加となると、節税の観点から家族従業員への役務提供の対価として給料を支払おうと考えるのが道理です。
しかし、個人事業主が配偶者などの生計を一にする親族に給与を支払う場合、この給与は原則として必要経費とはなりません。
[Read more…]

起業者支援の専門家に相談してみませんか?