「会社の節税法」で差をつけよう その6

「会社の節税法」で差をつけよう その6固定資産」と「棚卸資産」は、会社にとって非常に重要な資産です。
固定資産は長期的に使用されることによって間接的に売上に貢献する資産で、減価償却費として費用計上されるものです。
棚卸資産は販売により直接売上に貢献する資産で、売上原価として費用になります。

[Read more…]

今年6月に民泊新法が施行! 民泊を副業にする際の利点と注意点

今年6月に民泊新法が施行! 民泊を副業にする際の利点と注意点近年、個人が自宅の一部などを旅行者に貸し出す“民泊”が注目を集めています。
これを受け、2018年6月15日に『住宅宿泊事業法(民泊新法)』が施行される予定です。
これまで、民泊を営業するには“旅館業法に基づく簡易宿泊の営業許可”や“特区民泊の認定”などが必要でしたが、民泊新法の施行により条件や手続きが簡易化されます。

今回は、民泊を副業とする際の利点と注意点について、ご説明します。

[Read more…]

夫婦がともに病気にかかった場合、高額医療費の「世帯合算」として払い戻しを受けられる?

夫婦がともに病気にかかった場合、高額医療費の「世帯合算」として払い戻しを受けられる?女性従業員の旦那様が病気にかかり、勤め先の会社で私傷病休職として扱われていると聞きました。心労や看護疲れのせいか、女性従業員も体調不良で会社を休むことが増えてきています。

もし2人とも病気にかかってしまったら、彼女たちは高額医療費の「世帯合算」として、医療費の負担を軽減できるのでしょうか?

(結論)
「世帯合算」が指す同一世帯とは、「被保険者+その被扶養者」になります。ですので、女性従業員と旦那様がそれぞれ独立した被保険者の場合は、世帯合算の規定は適用されません。

[Read more…]

生命保険関係の申告漏れは要注意! 税務当局も目を光らせている?

生命保険関係の申告漏れは要注意! 税務当局も目を光らせている?生命保険が贈与税・相続税の税務調査の対象として注目されています。

「名義保険」に関連した贈与税・相続税の申告漏れや課税逃れが目立ってきているからです。

 

[Read more…]

家族への給与は、原則必要経費にならない!?

家族への給与は、原則必要経費にならない!?個人事業主の場合、親族の協力の下に事業を展開・継続することは珍しくありません。
そして、事業が流れに乗り、収益増加となると、節税の観点から家族従業員への役務提供の対価として給料を支払おうと考えるのが道理です。
しかし、個人事業主が配偶者などの生計を一にする親族に給与を支払う場合、この給与は原則として必要経費とはなりません。
[Read more…]

健康志向の人が注目しておきたい「セルフメディケーション税制」とは?

健康志向の人が注目しておきたい「セルフメディケーション税制」とは?今年に入り、ドラッグストアで受け取ったレシートに「○○はセルフメディケーション税制対象商品です」という表記があることに気づいた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

医療費控除の特例としてスタートしたセルフメディケーション税制

2017年1月から2021年12月までの5年間だけに実施させる時限措置とされていますが、健康管理を気にされている方にとっては活用しやすい制度となっています。

[Read more…]

クラウド会計ソフトで、初心者でもラクラク青色申告

クラウド会計ソフトで、初心者でもラクラク青色申告毎年確定申告の時期は黒字経営だった方も、思わぬ赤字経営だった方も、個人事業主の方であれば、確定申告が必要となります。
確定申告には青色申告と白色申告があります。青色申告は65万円の特別控除などの恩恵がありますが、複式簿記で記帳するため「難しそう」とやっていなかった方もいるのではないでしょうか。
そんな方に、ぜひオススメしたいのが今話題の「クラウド会計ソフト」です。今回は記帳の手間を大幅に削減してくれるとウワサの「クラウド会計ソフト」についてご紹介します。
[Read more…]

事業者の確定申告!今からでも間に合う節税対策!?

事業者の確定申告!今からでも間に合う節税対策!?

今年度の確定申告の方はお済ですか。

申告書の集計が完成して税金がこんなに掛かるの?とびっくりされた方もおられるのではないでしょうか。

そんな方の為に今回は今からでも節税できる対策をご案内致します。

 

[Read more…]

個人事業者の決算・確定申告のコツ!?

個人事業者の決算・確定申告のコツ!?

いよいよ今週から所得税及び復興所得税の受付が開始されました。
個人事業者の方は収支内訳書や青色申告決算書の集計は出来てますでしょうか?
最近では自動で決算申告ができるクラウド会計ソフトのfreeeや「MFクラウド」などの会計システムが出てきており便利になってきました。

ただ、自動とはいえ「各勘定科目の内容及び数字は合っているか?」「決算整理」などを確認して行う必要があります。
今回はどのような確認・作業をしていくのか?代表的なものを説明していきます。

[Read more…]

マイナンバーはいつから申告書に記載するのか?

マイナンバーはいつから申告書に記載するのか?

平成28年からマイナンバーが本格稼働されます。

税務署に提出する申告書等にも、マイナンバーを記載する必要があります。

それでは、具体的には、いつから申告書などにマイナンバーを記載する必要があるのでしょうか。

それをまとめてみました。

[Read more…]

起業者支援の専門家に相談してみませんか?