「会社の節税法」で差をつけよう その6

「会社の節税法」で差をつけよう その6固定資産」と「棚卸資産」は、会社にとって非常に重要な資産です。
固定資産は長期的に使用されることによって間接的に売上に貢献する資産で、減価償却費として費用計上されるものです。
棚卸資産は販売により直接売上に貢献する資産で、売上原価として費用になります。

[Read more…]

「会社の節税法」で差をつけよう その4

「会社の節税法」で差をつけよう その4会社の節税法は、主に次の4つに分類できます。

①お金が出ていく節税の方法
②お金が出ていかない節税の方法
③税金の額が減少する節税の方法
④税金の支払いを繰り延べる節税の方法

実際には、これらの組み合わせで節税策を考えることになります。

[Read more…]

「会社の節税法」で差をつけよう その3

「会社の節税法」で差をつけよう その3会社における節税法を考えるにあたり、会社にかかる税金にはどんな税金の種類があるかを把握することが大切です。

ここでは、通勤費についてや、子会社・グループ会社の清算方法ついて、どのような節税法があるか考えてみましょう。
[Read more…]

眠ったままの会社資産。税務上の処理はどうなる?

眠ったままの会社資産。税務上の処理はどうなる?民泊やライドシェアなど、様々なシェアサービスが広まっている昨今。稼働していない会議室や工場のラインなどを一時的に貸し出す、新しい形のシェアビジネスも広まってきています。こういったサービスの『税務上の処理』をどう考えればいいのでしょうか。
今回は、シェアサービスの現状と、税務上の処理についてご紹介します。
[Read more…]

「うちはまだ必要ない」は本当か その3

「うちはまだ必要ない」は本当か その3税理士と月次契約をすると、顧問料がかかります。
ほかにも、記帳の代行費、個人の確定申告費、決算申告費が必要になります。

この費用は会社経営をよくするうえでの必要経費とわりきるべきでしょう。

 

[Read more…]

「うちはまだ必要ない」は本当か その2

「うちははまだ必要ない」は本当か その2以前は地域でいちばん大きな介護系サービス会社に勤めていて、売上は数億円。直属の部下に指示しながら部の業績を伸ばした。お客様にも慕われ、応援してくれる人 もたくさんでてきたので独立した──。

起業した人は、多かれ少なかれ、そのようなサクセスストーリーをもっていることでしょう。

ですが、起業直後に経営者が最も悩むこと。それは人材不足です。
とくに、参謀役とよばれる人達がいないといって、皆悩むのです。

[Read more…]

取引先が被災……贈った“災害見舞金”は交際費扱いになる?

取引先が被災……贈った“災害見舞金”は交際費扱いになる?日本では近年、地震や台風などの自然災害が度々発生しています。
万が一、取引先が被害を受けた場合、会社として見舞金を支払うことがあるかもしれません。

今回は、“会社へ支払う場合”と“役員や従業員へ支払う場合”を例に災害見舞金についてご紹介します。

[Read more…]

節税効果のある“出張旅費規程”を導入するには?

節税効果のある“出張旅費規程”を導入するには?社員が出張をすると、交通費や宿泊費、接待費など、さまざまな経費がかかります。
出張のたびに、これらを細かく経費精算するのは面倒なものです。

そこで“出張旅費規程”を導入することで、この面倒さが軽減され、節税効果も期待できます。

では、“出張旅費規程”とは一体どのようなものなのでしょうか?

[Read more…]

業務中に発生した罰金や反則金などはどう処理される??

業務中に発生した罰金や反則金などはどう処理される??配送業者の従業員が配送中に駐車違反をしたため、会社が罰金を支払うことになった――。

このように、業務を遂行する上で過料や科料、罰金を課され、会社が支払った場合、会計処理はどのように行えばよいのでしょうか?

 

[Read more…]

売れ残った自社商品を社員に販売すると給与になる?

売れ残った自社商品を社員に販売すると給与になる?「年末や期末に売れ残った自社商品の処理をどのようにするのか?」

この問題に頭を悩ます経営者は多いのではないでしょうか?
中には、売れ残った商品を割引して、社員へ販売する企業もあります。
これは福利厚生の側面からも有効な方法ですが、税務上で思わぬ注意点がありますので、ぜひおさえておきましょう。

[Read more…]

起業者支援の専門家に相談してみませんか?