起業活動の要!経営理念の考え方

経営理念というと伝統的な大企業が持っているものであって、中小企業や零細企業にはあまり関係ないイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。

しかし、経営理念はその企業に属する経営者や社員の行動指針、組織の意思決定に対する姿勢を決定する大切な役割を担っています。

起業したばかりの経営者であっても経営理念に目を向けてみることが大切です。

そこで今回は、会社の経営理念に関して説明していきます。 [Read more…]

会社経営に役立つ資格とは?経営者におすすめの資格5選

この記事にたどり着いた方の中には、「会社の経営者として何かの資格を持っておいた方が良いんじゃないか…」と不安に思っている方が多いのではないでしょうか?

もしくはすでに何かしらの資格を持っていて、「自分が所有している資格は、果たして経営の役に立つのだろうか」と考えている方もいるかもしれません。

そこで今回は経営者が持っていて役に立つと考えられる資格について、ご紹介いたします。 [Read more…]

会社を経営するために今から勉強しておくべきこと

サラリーマンとして会社勤めをしていながらも、「いずれは自分の会社を持ちたい」と考えている人も多いのではないでしょうか?

しかし、漠然とした目標のまま会社を設立してしまい、経営が失敗に終わってしまう人も多くいるのが現実です。できるだけ事前に知識やスキルが身に付いていた方が、成功の可能性は高くなるでしょう。

経営に関しての勉強の方法やスタイルは十人十色であるかと思いますが、最低限学んでおくべきポイントは押さえておく必要があります。

 

そこで今回は、「経営者になる前に勉強しておきたいこと」についてお話します。 [Read more…]

エンジェル投資家って本当にオイシイの?エンジェル投資家の注意点

金融機関からの資金調達以外にも様々な資金調達方法があります。エンジェル投資家もそのひとつです。

エンジェル投資家は、事業の立ち上げに必要な資金をサポートする個人投資家を指しています。VC(ベンチャーキャピタル)とは異なり、個人投資家による投資となるため、VCよりも得られる金額は少ないですが、創業資金を集めるための方法としては適していると言えます。しかし、エンジェル投資家からの出資にも注意すべき点があります。

[Read more…]

事業で使う車を購入するなら日本政策金融公庫で融資を受けたほうが得ってホント?

shutterstock_636632101 (1) (1)

事業用の車を買い換えたい、事業を始めるにあたって車が必要という場合、車の購入先でローンを組んで購入するというケースが多いと思います。

しかし、車の購入先でローンを組むよりも日本政策金融公庫で融資を受けて車を購入したほうが、金利を抑えることが出来る場合があります。 [Read more…]

日本政策金融公庫で面談する予定の方へ送る6つのアドバイス

shutterstock_519699403 (1)日本政策金融公庫で事業用のお金を借りる場合、必ず融資担当者との面談をしなくてはなりません。

普段の生活で面談をすることはなかなかないので、緊張する方もいらっしゃることでしょう。

今回の記事では、日本政策金融公庫との面談時の心構えを6つご紹介いたしましょう。 [Read more…]

「会社の節税法」で差をつけよう その6

「会社の節税法」で差をつけよう その6固定資産」と「棚卸資産」は、会社にとって非常に重要な資産です。
固定資産は長期的に使用されることによって間接的に売上に貢献する資産で、減価償却費として費用計上されるものです。
棚卸資産は販売により直接売上に貢献する資産で、売上原価として費用になります。

[Read more…]

正社員と契約社員の格差はどこまで有効?

正社員と契約社員の格差はどこまで有効?昨今、正社員(無期契約労働者)と契約社員(有期契約労働者)の賃金等の格差が取り上げられるようになっており、2018年6月1日、最高裁が一つの方向性を示しました(ハマキョウレックス事件)。
正社員と契約社員で賃金・手当に差を設ける場合、どこまでが許されるのでしょうか?
今回は、『ハマキョウレックス最高裁判決』を元に考察します。

[Read more…]

「会社の節税法」で差をつけよう その5

「会社の節税法」で差をつけよう その5会社の節税対策の基本は、やはり決算時の対策です。
会社の業績がほぼ確定する時期なので、税金の支払額もおおよそわかるからです。

決算期末から申告期にかけてできる節税対策を見ていきましょう。

[Read more…]

「会社の節税法」で差をつけよう その4

「会社の節税法」で差をつけよう その4会社の節税法は、主に次の4つに分類できます。

①お金が出ていく節税の方法
②お金が出ていかない節税の方法
③税金の額が減少する節税の方法
④税金の支払いを繰り延べる節税の方法

実際には、これらの組み合わせで節税策を考えることになります。

[Read more…]

起業者支援の専門家に相談してみませんか?