「会社の節税法」で差をつけよう その1

「資産家の節税法」で差をつけよう その1Q:先生、わが社は業界でも右肩上がりで売上を伸ばしています。なのに、手元に残るお金が少なくて……
人件費を見直したり、コスト削減したり、費用を減らす努力をしているんですが、節税対策をしたほうがいいでしょうか?

A:そうですね。会社の節税を見直すときには、まず「通年」と「決算時」に分けて具体策を考えてみましょう。
ポイントはいかに費用計上できるか。契約書を活用したものから退職金の見直しまで方法はいろいろあります。
[Read more…]

「資産家の節税法」で差をつけよう その3

「資産家の節税法」で差をつけよう その3小規模の会社等の役員が退職した場合、生活の安定や事業の再建を図るための資金をあらかじめ準備しておく共済制度に、「小規模企業共済制度」があります。
この制度は、いわば“経営者の退職金制度”。
国が全額出資している独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営しています。
税制上のメリットがあるほか、一定の資格者は、納付した掛金合計額の範囲内で、事業資金等の貸付が受けられます。
この制度の加入条件やメリットを詳しくみていきましょう。 [Read more…]

障碍者の柔軟な雇用と職場定着を促進すると最大120万円を助成!

障碍者の柔軟な雇用と職場定着を促進すると最大120万円を助成!障碍者雇用促進法に基づき設けられている『障害者雇用率制度』により、事業主は、常時雇用している労働者数の2.2%以上の障碍者を雇用することが義務づけられています。
つまり労働者数が45.5名以上の企業には最低でも1名の障碍者雇用が義務付けられていることになります。
さらに常時雇用の労働者数が100名を超える事業主には、不足する障碍者1名につき月額5万円の納付金が発生します。
今回は、障碍者の柔軟な雇用と職場定着を促進させることを目的とした助成金についてご紹介します。 [Read more…]

「資産家の節税法」で差をつけよう その2

「資産家の節税法」で差をつけよう その2ここ数年でマンション経営をされる方が増えました。
マンション経営による所得は「不動産所得」となります。
これには所得税がかかります。所得税は超過累進税率が採用されているので、所得が一定額以上になった場合は、その超過額に対して、より高い税率になります。
つまり、所得が増えるにつれ、税金も増えるしくみになっています。
そのためマンション経営が順調にいき、支払利息が減ってきたり、減価償却が少なくなってきたりすると、毎年の利益額が多くなり、その分支払う税金も多くなります。
そこで活用していきたいのが、不動産管理会社の設立です。

[Read more…]

「資産家の節税法」で差をつけよう その1

「資産家の節税法」で差をつけよう その1じつは資産形成のために以前、不動産や株式を購入しております。
こうした固定費を少しでも抑える方法はあるのでしょうか?

このような悩みを抱えている経営者は多いので、いくつか効果的な方法をご説明します。
すぐに活用できる方法もありますので、現状を見直すだけで、節税できるものもあるはずです。

[Read more…]

損をしないために知っておきたい! 貼り間違えた収入印紙の対処法

損をしないために知っておきたい!契約書や領収書などの課税文書に貼る収入印紙は、記載内容や金額によって印紙税額が決まっています。
切手サイズながら、納税額は200円から40万円を超すものまであるので、取り扱いには十分注意したいものです。
貼り損じた場合や、収入印紙が不要になった場合でも、しっかり対処すれば損をすることはありません。
そこで今回、日常的に収入印紙を扱う方はもちろん、年に数回しか扱わない方も役に立つ、『誤って貼ってしまった収入印紙の対処方法』をご紹介します。

[Read more…]

節税の基本を知ろう

節税の基本を知ろうそもそも節税って何をすればいいのでしょうか?

恥ずかしい話、なぜ節税をすればいいのかもイマイチわかっていない状況で……
節税より投資をするほうがお金が増えるイメージをもっていました。
といった方に、節税の基本をお伝えします。
[Read more…]

「うちはまだ必要ない」は本当か その1

「うちはまだ必要ない」は本当か その1「税理士なんていらないよ」
そんな経営者の方によくお会いします。

ですが、その判断は果たして正しいと言えるのでしょうか?
ここでは、「税理士は本当にいらないのか」について、さまざまな角度から検証してみたいと思います。

 

[Read more…]

こんな資金調達法もある!

こんな資金調達法もある!ここでは、経営者として知っておきたい資金調達方法について、クラウドファンディング、 仮想通貨/ICO、 流動資産担保融資制度 (ABL=Asset Based Lending)、社内預金制度、従業員持株会の5つをご紹介します。

会社の規模や経営状況に応じて適切な資金調達方法を検討してみましょう。

[Read more…]

“無期転換ルール”を適用した場合、有休はリセットされる?

“無期転換ルール”を適用した場合、有休はリセットされる?来年“無期転換ルール”を行使し、有期労働契約から無期労働契約になる予定の社員がいます。

その場合、新しい労働契約を締結することになると思いますが、年次有給休暇(以下、有休)の付与日数を算出する勤続年数はどのように扱うべきですか?
また仮に、関連会社に出向した際や会社が吸収合併された場合は、どのような取り扱いになるのでしょうか? [Read more…]

起業者支援の専門家に相談してみませんか?