法人成りして自分と家族従業員への退職金を経費とする

法人成りして自分と家族従業員への退職金を経費とする

前回の記事では、「法人成りした場合の、家族従業員への給与支払による節税効果」を説明しました。

今回は、法人成りした場合の、「退職金」支払による節税効果について、解説いたします。

 

 

[Read more…]

確定申告ってどういうこと?ポイント3 経費になるかならないかはどこで見分けるのか?

経費になるかならないかはどこで見分けるのか?
所得税の計算で出てきたいくつかのキーワードについて見ていきましょう。
最初のキーワードは「経費」です。
所得税の計算は、「収入」から「経費」を引いて「所得」を出すところから始まりました。
ですからどんな出費が経費なのかを理解しておく必要があります。

[Read more…]

美容室が自社の売上を伸ばしていく2つの重要なポイント

美容室が自社の売上を伸ばしていく2つの重要なポイント
厚生労働省の調査によると、平成25年度(2013年)3月末の全国の美容室の数は23万1,134店。
なんとコンビニエンスストアの4倍の数が全国にあるのです。
ちなみに、同じ商圏のなかでの競合店は7.5店舗もあり、売上を上げていくのには熾烈な競争をくぐり抜けなければ難しいといわれています。
競争が激しい美容室業界で生き残っていくために、どのような経営を行っていくべきなのでしょうか?
今回は美容室が自社の売上を伸ばしていくための2つの重要なポイントをご紹介します。

[Read more…]

経費で落ちるか、落ちないかを判断するための3つの基準

経費で落ちるか、落ちないかを判断するための3つの基準

事業をスタートすると、社長の誰もが気になるのが「どこまで経費として落としていいのか?」ということではないでしょうか?

飲食店での取引先の接待から、打ち合わせに行くための電車代やタクシー代、事務所や店舗の家賃や水道光熱費、社用車の車検費用まで。
日々、事業活動を行っていれば、経費はどこかで必ず発生するものです。

とはいえ、事業活動のために使ったものすべてを「経費」として処理できるだけではない、ということも、皆さんはどこかで耳にしたはずです。
では、「経費」として処理できる基準は一体何でしょうか? 誰もが知りたい、「経費」の基準を今回はご紹介したいと思います。

[Read more…]

飲食費って、交際費?それとも会議費?福利厚生費?迷うんですけど!

飲食費って、交際費?それとも会議費?福利厚生費?迷うんですけど!
飲食店において、楽しそうに飲食に興じる人達を横目に、
接待に精を出している方も、少なからずいらっしゃることでしょう。

そんな頑張って、営業している経営者の方にとっては
「飲食費 = 全て交際費?」となってしうまのか
改めて気になるところでしょう。

今回は意外と細かい規定のある、飲食費のイロハについてお話しします!

[Read more…]

起業者支援の専門家に相談してみませんか?