こんな勘違いをなくそう! お金の集め方、その「違い」とは?

お金の集め方、その「違い」とは?お金を集める方法は、主に2種類あります。
ひとつは金融機関から借りる「融資」です。まとまったお金が入りますが、借りたお金ですから期日までに利子をつけて返さなければなりません。
もうひとつは、「受給」です。要件を満たせば受給できる「助成金」と、要件を満たして審査に通らなければ受給できない「補助金」があります。

このほかに、個人や団体などから投資を受ける「ベンチャーキャピタル」、少人数に社債を発行する「私募債」などの方法もあります。

[Read more…]

設立したてで売上や利益がない会社でも、特別にお金を借りられる制度「創業融資」とは

創業融資の受け方を理解しておく

借金ができなければ、私達の生活の大部分が成り立ちません。
会社の資金繰りの手段である、融資も借金のひとつです。

ですから、まずは借金は悪だ、という概念を取り払ってください。
借金がなければ、会社組織は成り立たないのです。

今回は、創業したての会社が特別にお金を借りることができる創業融資について説明していきます。

[Read more…]

事業計画書を制する者は創業融資を制する

cf8f9aee12bc011a7b9bbb4ea560fb6b_s日本政策金融公庫で創業融資を受けるために最も重要となるのは「事業計画書」です。

創業前でまだ実績がない、または創業したばかりで実績を表す決算書がない企業に対して「融資を行うか否か」の判断基準となるのが、事業計画書だからです。

今回は、事業計画書の書き方について、よく見受けられる勘違いを例にあげながらご説明します。 [Read more…]

創業融資の受け方を理解しておく(3)面談

創業融資の受け方を理解しておく(3)面談事業計画書、その他の書類を提出したあと、1週間ほどで、いよいよ担当者との面談となります。
融資の審査担当者は、あなたに直接会って事業計画書の内容を確認するとともに、人間性も見極めようとします。
審査は、計画書などの書類が3割、面談が7割ぐらいの配分となります。
ここでは面談時のポイントについてご紹介します。
[Read more…]

創業融資の受け方を理解しておく(2)地方自治体の創業融資制度

創業融資の受け方を理解しておく 地方自治体の創業融資制度
開業する地域によっては、地方自治体が「創業融資制度」を設けている場合があります。
個人的な保証人は必要ありませんが、代わりに信用保証協会という公的機関に保証人になってもらうと、融資を受けることができます。
ですので、開業する地域の自治体のホームページや、商工会議所などを訪れ、調べておくようにしましょう。
今回は地方自治体の創業融資制度について説明します。

[Read more…]

銀行が注意して確認する決算書のポイントを把握しておこう!

銀行が注意して確認する決算書のポイントを把握しておこう!

銀行が貸し出しの審査を行う際、決算書による「信用格付け」から判断します。
すなわち、決算書の内容次第で、プロパー融資を受けられるかが決まるのです。
では、銀行は決算書どの部分を見て、融資を判断するのでしょうか?

[Read more…]

資金調達を行うには「相手=銀行」であることを理解しよう

資金調達を行うには「相手=銀行」であることを理解しよう

資金調達をする際、銀行から融資を受けるのが一般的です。

では、どのようにして融資を受ければいいのでしょうか。

それにはまず、銀行の仕組みそのものを理解しておく必要があるのです。

[Read more…]

中小企業が必要なお金を手に入れるポイント「資金調達」で会社の成長にスピードをつけよう!

中小企業が必要なお金を手に入れるポイント「資金調達」で会社の成長にスピードをつけよう!

会社を人体に例えると、「血液」に相当するものは何でしょう?
それは「資金」、平たく言うと「お金」です。
会社が成長するため、ひいては会社が存続するためにはお金が必要なのです。
「お金なんて全然いらない」という会社は存在しません。
ならば、どのようにしてお金を調達すればいいのか、知りたいと思いませんか?
今回は「資金調達」、中小企業が成長に必要なお金を手に入れるポイントについて解説します。

[Read more…]

「借金は悪」は勘違い?会社を伸ばすために必要な考え方とは

「借金は悪」は勘違い?会社を伸ばすために必要な考え方とは会社のお金は循環しており、売掛金や買掛金、過剰在庫をうまく整理していけば、資金繰りが改善していきます。
ですが、これらは、まだ創業していない方の資金繰り改善には当てはまりません。
実は、創業していない方の資金繰りは意外と大変です。サラリーマンをやめて開業準備期間に入ったとして、その間、無給となります。
また、事務所や店舗のリフォーム費、開店時スタッフの教育費などで、開業資金として貯めた額はあっという間に少なくなっていくでしょう。
今回は借金に対する考え方について説明していきます。

[Read more…]

生命保険に入ると融資が受けやすくなるのは本当?

生命保険に入ると融資が受けやすくなるのは本当?外部から資金を調達する必要が生じて、金融機関からの融資を考え始めたら、同時に生命保険に入る準備も開始しましょう。
「生命保険は万が一のときの備えだから、融資が決定してから保険加入を決めれば良いのでは?」
確かに融資が下りなければリスクは発生せず、リスクがなければ備えも必要ありません。
しかし、融資を申し込んだ時点で、生命保険に入っている。
この状態にしておくことで、実は融資交渉が有利になるのです。

[Read more…]

起業者支援の専門家に相談してみませんか?