適用不可の事業が混在……1週間単位では変形労働時間制を導入できない?

適用不可の事業が混在【相談内容】
業務の繁閑に対応するため、“1週間単位の非定型的変形労働時間制”の導入を検討しています。

しかし当社は、1つの部署で小売業と製造業の両方を担っています。
業種が限定される1週間単位では、変形労働時間制を導入できないのでしょうか?
また、仮に1週間単位で導入できない場合、1カ月単位であれば導入できますか?

[Read more…]

自社株式の相続税・贈与税は、納税を猶予することが可能!?

自社株式の相続税・贈与税は、納税を猶予することが可能!?オーナー経営者が急に亡くなり、早急に自社株式の相続対策を行わなければならなくなった――。
そんなときの対策として注目すべきなのが、議決権のある株式の3分の2を上限として、納税の猶予ができる“非上場株式の相続税・贈与税納税猶予制度”です。
今回は、この“非上場株式の相続税・贈与税納税猶予制度”について、ご紹介します。

[Read more…]

平成30年度以降、キャリアアップ助成金が変わります!

平成30年度以降、キャリアアップ助成金が変わります!平成30年4月以降より『キャリアアップ助成金』の内容が大きく変わる予定であることが、厚生労働省より発表されました。

今回は、8コースの中から特に取り組みやすい『正社員化コース』について、“支給申請上限人数の拡充”や“支給要件の追加”などの変更点も含めてご紹介します。

[Read more…]

特定求職者雇用開発助成金 ~特定就職困難者コース~

特定求職者雇用開発助成金 ~特定就職困難者コース~昨今、取り沙汰されている『働き方改革』は一言でいうと“一億総活躍社会を実現するための改革”といえます。
つまり、少子高齢化が進む中でも誰しもが職場で活躍できる社会を目指すための改革です。

多様な働き方を実現し、どんな方でも活躍できるような場を設けることは企業の、ひいては日本社会のこれからの成長に不可欠であると言えます。

今回は上記の世相を反映した、就職困難とされている方を雇用する企業をサポートする助成金のご紹介です。

[Read more…]

「キャリア形成促進助成金」の名前と内容の変更について

「キャリア形成促進助成金」の名前と内容の変更について平成28年まで「キャリア形成促進助成金」として実施されていた助成金が、平成29年4月から「人材開発支援助成金」と名称が変わり、その内容も変更となりました。

今回はその変更内容について詳しく見ていきます。

[Read more…]

起業者支援の専門家に相談してみませんか?