「導入期」の資金調達法

「導入期」の資金調達法企業には、おおまかに導入期、成長期、成熟期、成熟期の4つのステージがあります。

この各ステージの状況に合わせて、どの資金調達の方法が適切なのかを、詳しくご説明していきましょう。

 

[Read more…]

企業のライフサイクルとは?

企業のライフサイクルとは?どのような商品・サービスであっても、永遠にブームが続くものはありません。

おおまかに次のような4つのステージを辿ることになります。

 

 

    • 商品に対する認知度や需要が低い「導入期
    • 認知度が高まり、需要が増えて売上が右肩上がりになる「成長期
    • 売上のピークが過ぎ、業界内で淘汰が始まる「成熟期
    • ユーザーやニーズが減り、撤退のタイミングを図る「衰退期

[Read more…]

こんな勘違いをなくそう! なぜ「黒字」なのに銀行は貸してくれないのか?

なぜ「黒字」なのに銀行は貸してくれないのか?銀行はふつう、赤字の会社に融資をしません。では、黒字なら必ず融資してもらえるのか?
じつは、必ずしもそうではありません。

「黒字倒産」という言葉を聞いたことがあるでしょう。決算書は黒字であるにもかかわらず資金繰りが苦しくなり、経営が立ち行かなくなって倒産してしまうことです。
これはめずらしいケースではありません。
なぜなら「黒字の企業」と「資金を効率よく使って事業を成長させている企業」は、イコールではないからです。

[Read more…]

増運の会社と減運の会社

増運の会社と減運の会社会社経営において重要な「運転資金」という観点から見た場合、会社には「増運の会社」と「減運の会社」があります。

・運転資金の増えていく会社=増運の会社
・運転資金の減っていく会社=減運の会社
とここでは言うことにします。

[Read more…]

創業融資の受け方を理解しておく(1)日本政策金融公庫で借りる

日本政策金融公庫で借りる創業時の借金は、どこから、どのようにすれば可能になるのでしょうか。
ぜひ知っておきたいのが、創業融資の制度です。一番のおすすめは「日本政策金融」です。
日本政策金融公庫は、株式の100%を国が常時保有することを「日本政策金融公庫法」によって定められている、特殊な株式会社です。
今回は日本政策金融公庫について説明していきます。

[Read more…]

銀行が注意して確認する決算書のポイントを把握しておこう!

銀行が注意して確認する決算書のポイントを把握しておこう!

銀行が貸し出しの審査を行う際、決算書による「信用格付け」から判断します。
すなわち、決算書の内容次第で、プロパー融資を受けられるかが決まるのです。
では、銀行は決算書どの部分を見て、融資を判断するのでしょうか?

[Read more…]

資金調達を行うには「相手=銀行」であることを理解しよう

資金調達を行うには「相手=銀行」であることを理解しよう

資金調達をする際、銀行から融資を受けるのが一般的です。

では、どのようにして融資を受ければいいのでしょうか。

それにはまず、銀行の仕組みそのものを理解しておく必要があるのです。

[Read more…]

中小企業が必要なお金を手に入れるポイント「資金調達」で会社の成長にスピードをつけよう!

中小企業が必要なお金を手に入れるポイント「資金調達」で会社の成長にスピードをつけよう!

会社を人体に例えると、「血液」に相当するものは何でしょう?
それは「資金」、平たく言うと「お金」です。
会社が成長するため、ひいては会社が存続するためにはお金が必要なのです。
「お金なんて全然いらない」という会社は存在しません。
ならば、どのようにしてお金を調達すればいいのか、知りたいと思いませんか?
今回は「資金調達」、中小企業が成長に必要なお金を手に入れるポイントについて解説します。

[Read more…]

資金調達に詳しい専門家を見抜く5つの質問

資金調達に詳しい専門家を見抜く5つの質問

すべての税理士や社会保険労務士が、必ずしも資金調達に精通しているわけではありません。
どの専門家にも得意・苦手とする分野があります。
起業するのであれば、スタートダッシュが重要です。
もしも資金調達を苦手とする専門家に依頼をしてしまったら、スタートダッシュが大幅に遅れ、せっかく貯めた自己資金を無駄に消費することになり、起業しようとしているあなたの足を強く引っ張ることになります。
税理士や社会保険労務士などに、創業融資や助成金、補助金を活用した資金調達について相談をするときは、本題に入る前に、次の5つの質問をしてみてください。

[Read more…]

ビジネスに加速度をつける意味で 資金調達をしよう

9c726da6ee9f9e08646c9d9d7219d661_sかつては「資本金1,000万円以上」であることが、株式会社設立の要件でした。

しかし2006年5月に新会社法が施行され、最低資本金制度が廃止。

「資本金1円」でも株式会社の設立が可能になり、起業のハードルがグンと下がったためにベンチャー企業が急増しました。

一方で、起業してから10年以内に倒産する会社が増加しました。

十分な資金がない状態で起業しても、経営を続けることは困難なのです。 [Read more…]

起業者支援の専門家に相談してみませんか?