【体験談】税務調査が働いていた個人事業主の英会話スクールに!なぜ?

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
会社設立支援や資金調達支援など、これから起業を検討している方やすでに起業している経営者の皆さんを様々な角度からサポートしています。

8年ほど前、とある英会話スクールで正社員として働いた経験がありますが、その時に突然、税務調査が入り非常に驚いたことを記憶しています。

今回の記事では、個人事業主として働く皆さまのお役に立てるよう、税務調査の基準や口座について語らせていただきたいと思います。

 

1.秋のある日。いきなり代表電話に税務署から電話がかかってきた

私は英会話スクールで英語講師として働いていたのではなく、いわゆる何でも屋でした。そのため、ホームページの文言を多少htmlで修正すること・画像を変更するWEB関係、そして生徒様のお問合せに応えるカスタマーサポートなど、なんでもやっていたのです。

イーオンやECCのような大手英会話スクールで働いていたこともありましたが、税務調査の経験をしたのは個人事業主の社長と奥様と外国人講師たち、そして数人のスタッフだけで経営している小規模な英会話スクールでした。

数人のスタッフの一人が午前中の10時ごろ1本の電話を受け、困って私に連絡してきました。「社長はどこにいる?と税務署から電話がありました。今はいない、と答えると、じゃあいつ戻るのですか?と聞かれて電話を切れません。」

私が電話を代わることにし、とりあえず社長の奥様へ電話をつないでその場はなんとか収まりました。

 

2.午後には2名の国税局職員が六本木に到着

電話が終わってホッとしたもつかの間。今度は2名の国税局職員とみられる人物が入り口に立っており、私が呼び出されることになりました。「社長はまだ来ていません」と言うと、「今どこにいるか分かりますか?」と言われたので、正直に「渋谷と聞いています」と返答しました。

「渋谷のどこですか?」「さあ、そこまでは分かりません。」私は答えながら、コワイ、、!なんでこんなに執拗に追っているのかと疑問に思いました。

私ともう一人のスタッフが作業している後ろに、その2名は約5時間ほどずっと立っていました。「なんだかわからないけど、税金未納ってこんなに怖いんだ。気を付けよう」と肝に銘じたものです。

 

3.「法人としても個人としても支払うべき税金を払っていないから」

とうとう、「なぜ社長を探しているのですか?」と聞きました。すると、ショッキングなことを言われました。見出しにある「「法人としても個人としても支払うべき税金を払っていないから」というセリフです。でも、そういわれると何故か納得できるようなエピソードがいくつか思い浮かんだのです。

 

4.個人事業主が税務調査に当たると思われる基準とは

①海外に口座を持っていた=所得隠し?

外国人講師を雇う関係からか、社長は海外に口座を持っていると話していたことがあります。もしかすると、それが売上隠しや税金逃れとみられてしまったのかもしれません。

 

②割と生徒や問合せの多い英会話スクール=売り上げはそこそこあったはず?

生徒数はオンライン英会話でしたので、1000人近くいました。無料体験の人ですぐいなくなってしまう人もいるので、実質は600名ぐらいだったと思います。

通学制の英会話スクールと比べてオンライン英会話はとても月謝が安いです。というより、月謝ではなくワンレッスン300円程度で受講が可能です。

にしても、600人の人がひと月2千円はらっているとしても、ひと月の売り上げは単純計算して120万円。年収だと実に1440万円となります。

 

③事務所の所在地がバーチャルオフィスだった=経費ほとんど使ってない?

こうして書いていくと怪しい点だらけなのですが、ホームページに記載されている住所は実際にはそこに誰もいなくて、いわゆるバーチャルオフィスでした。生徒様は当時Skype(スカイプ)という今でいうラインのようなもので外国人講師とのレッスンを受講されていたのです。

「経費節減することで、格安なレッスン料でご提供できるから」という社長の理念に感動していましたが、税務調査的には怪しすぎたのかもしれません。

 

まとめ

個人事業主の方にお役に立ったかは不明ですが、筆者の実際に経験した税務調査についてお話させていただきました。

所得隠しなどを意図的にしていなくても、複数の事業をしていると税金の計算や申告はとても難しいですよね。

税理士さんに相談するのも、一つの良い方法です。

◆融資って何?

そもそも「融資」って何ですか?融資が何か詳しくご紹介します!

 

◆融資って経営・独立に必要?

融資って経営・独立に必要?

 

◆初めて融資を受ける場合は、何をすればいいの?

はじめての融資!融資を受ける準備は何をすればいい?

 

◆多くお金を借りるためにはどうしたらいい?

日本政策金融公庫から融資で1円でも多く、融資金額を引き出す方法とは?!

 

◆金利は何パーセントになるの?

日本政策金融公庫の金利計算をシミュレーション!金利が0.1%変わると返済金額はどう変わるのか?

 

◆返済期間はどれくらい?

創業時に日本政策金融公庫でお金を借りる場合の返済期間は、5年以上!?

 

◆政府系金融機関の日本政策金融公庫って借りやすいの?

日本政策金融公庫を利用する8つのメリット1つのデメリット

 

◆制度融資って何?

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

 

◆保証協会付の融資って何?

創業者にとっても味方である、信用保証協会とは?

 

◆創業時はどの融資制度が良い?

創業融資なら日本政策金融公庫か信用保証協会の制度融資のどちらが良い?

 

このようなお悩みを解決するために、創業融資ガイドでは、1つ1つ丁寧に資金調達について開設しております。

ぜひ、皆様の創業・独立開業・経営にご活用ください。

 



節税しすぎると、融資を受けにくくなるということをご存知ですか?

税金を少しでも安くしよう!という考えが間違っているわけではありませんが、節税しすぎて融資が受けられないケースがあります。

  • 節税もしたいが、融資も受けたい
  • 会社を成長させるためにどんな決算書を作成すればよいか知りたい
  • 毎年会社を成長させていきたい
  • 融資を受けやすい決算がどんなものか知りたい
  • 低金利で融資を受ける方法を知りたい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

8年ほど前、とある英会話スクールで正社員として働いた経験がありますが、その時に突然税務調査が入り非常に驚いたことを記憶しています。今回の記事では、個人事業主として働く皆さまのお役に立てるよう税務調査の基準や口座について語らせていただきたいと思います。

起業者支援の専門家に相談してみませんか?