確定申告!計算するだけで経費にできる特典!?

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
会社設立支援や資金調達支援など、これから起業を検討している方やすでに起業している経営者の皆さんを様々な角度からサポートしています。

確定申告!計算するだけで経費にできる特典!?

確定申告書の提出期限となりましたが、集計作業の方は捗ってますでしょうか。

今回は青色申告事業所得者必見の計算するだけで経費にできる特典をご案内致します。

 

お得意先と掛取引を行っている事業者は、12/31現在に売掛金が残る場合があります。
この売掛金とは、12/31までに売上として実現(例:12月〆の請求書など)しているが、12/31までに入金されていない債権のことです。

このような事業遂行上生じた売掛金・貸付金などの貸金の貸倒れによる損失の見込額として、貸倒引当金を経費にできる特典があります。
この特典は、事業所得を生ずべき事業を営む青色申告者が適用できます。

貸倒引当金とは、年末における貸金の帳簿価額の合計額の5.5%以下の金額を貸倒引当金勘定へ繰り入れたときは、その金額を必要経費として認めるというものです。
ただし、金融業の場合は 3.3%になります(一括評価)。

貸倒引当金の一括評価による計算例

建築業で12/31現在のお得意先に対する売掛金は以下のとおりです。

A建設工業1,500,000円
B土木2,500,000円
C工務店3,000,000円
7,000,000円(12/31現在 売掛金の合計)

貸倒引当金
7,000,000円×5.5%=385,000円

この例ですと385,000円が計算するだけで経費計上ができるんです!!

申告書への記載例は以下のとおりです。

1.青色申告決算書(一般用)の2頁へ貸金の合計額と貸倒引当金の金額を記載する。

*赤枠の部分

青色申告決算書(一般用)の2頁

2.青色申告決算書(一般用)の1頁、貸倒引当金の金額を繰入額等の39番へ記載する。

*赤枠の部分

青色申告決算書(一般用)の1頁

この貸倒引当金は、引当計上した初年度が節税効果が大きいです。
次年度以降は、2.の青枠部分(34番)に前年経費計上したものを加算しますので、貸金合計が前年より増えた場合はその差額が経費計上されます。
次年度以降は前年度の貸倒引当金を繰戻額等に記載して所得に加算しますのでご注意ください。

最後に、貸金として対象となるものとならないものは以下のとおりです。

対象となるもの

売掛金、未収金、受取手形、事業上の貸付金

対象とならないもの

家事上の貸付金、保証金・敷金・預け金など、一時的な仮払金・立替金、
手付金・前渡金、相手の買掛金と相殺できる金額

◆融資って何?

そもそも「融資」って何ですか?融資が何か詳しくご紹介します!

 

◆融資って経営・独立に必要?

融資って経営・独立に必要?

 

◆初めて融資を受ける場合は、何をすればいいの?

はじめての融資!融資を受ける準備は何をすればいい?

 

◆多くお金を借りるためにはどうしたらいい?

日本政策金融公庫から融資で1円でも多く、融資金額を引き出す方法とは?!

 

◆金利は何パーセントになるの?

日本政策金融公庫の金利計算をシミュレーション!金利が0.1%変わると返済金額はどう変わるのか?

 

◆返済期間はどれくらい?

創業時に日本政策金融公庫でお金を借りる場合の返済期間は、5年以上!?

 

◆政府系金融機関の日本政策金融公庫って借りやすいの?

日本政策金融公庫を利用する8つのメリット1つのデメリット

 

◆制度融資って何?

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

 

◆保証協会付の融資って何?

創業者にとっても味方である、信用保証協会とは?

 

◆創業時はどの融資制度が良い?

創業融資なら日本政策金融公庫か信用保証協会の制度融資のどちらが良い?

 

このようなお悩みを解決するために、創業融資ガイドでは、1つ1つ丁寧に資金調達について開設しております。

ぜひ、皆様の創業・独立開業・経営にご活用ください。

 



融資が受けやすくなる確定申告・決算書とは?

確定申告・決算書を工夫して作成することで、
融資が受けやすくなります。

  • 節税もしたいが、融資も受けたい
  • 会社を成長させるためにどんな確定申告書・決算書を作成すればよいか
  • 融資を受けやすい決算がどんなものか知りたい
  • 低金利で融資を受ける方法を知りたい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

起業者支援の専門家に相談してみませんか?