起業したいと思ったときに考えておくべきこと!

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
会社設立支援や資金調達支援など、これから起業を検討している方やすでに起業している経営者の皆さんを様々な角度からサポートしています。

「いつか起業してお金を稼ごう!」

サラリーマンとして会社に勤めている方や学生、中には主婦の方など、自分でビジネスを起こしてお金を稼ぎたいと思っている人が多くなってきています。

しかし、会社に就職してお金をもらうことよりも、起業して継続して利益を出すことは難しいです。

仕事も自分で作っていかなければならないため、起業しても仕事がない…といった状況もあり得ます。

また会社に勤めている場合、困ったときに助けてくれる同僚がいたり、同じ目標に向かって頑張る仲間がいたりするのですが、1人で起業した場合はそういった存在が最初はいないかもしれません。

そのため起業するためにはある程度の覚悟をしておく必要があります。

今回は起業で成功するための準備や起業する仲間を作る場合どうしたらよいか、についてお話します。

1.起業したいと思ったときに考えてほしいこと

ネットで「起業したい人 募集」と検索すると、掲示板やコミュニティサイトなどがいくつも出てくると思います。

その中を見ると高い志を持って自分のビジネスモデルを語っている人や、「今すぐにでも会社を立ち上げようぜ!」という勢いのある人などの投稿が見つかると思います。

しかし、このような人たちの中で本当に起業することに対して準備をしている人がどれほどいるでしょうか。

会社に勤めていると誰しもが「人間関係が難しい」「もっと給料が欲しい」「そもそも会社行きたくない」などといった仕事や会社に対する不満や不安を抱えることがあるかと思います。

そして、会社に勤めることを疑問に思ったときに「自由に仕事ができる」「やりたいことができる」というイメージを起業に対して期待する人も多いのではないでしょうか?

もちろん起業に良いイメージを持つことは大切ですが、今の環境と起業した後のことを考え、自分にとってどちらが良いのかを考えてみると良いかもしれません。収入や生活、家族のことなどを考える人が多いと思います。

それでも自分でビジネスを行いたい、社会に貢献したいといった思いを持ったのなら、起業の準備を始めていくことができると思います。

2.1人で起業するのか、誰かと一緒に起業するのか

起業は必ずしも1人で行うことではなく、同じ方向を向いて頑張ってくれる人がいれば一緒に会社を立ち上げることもできます。

そもそも1人で仕事をしたいから起業する、という人もいるかもしれませんが、自分以外のスキルや経験をビジネスに活かしていくことも魅力的かと思います。

起業仲間と出会うためには、FacebookやTwitterなどのSNSや掲示板などのコミュニティで簡単に同じ目的の人を探すことができます。

とはいえ、最初は会ったこともない人とビジネスの話をすることに抵抗がある人もいるかと思います。

ネット以外にもビジネス交流会などで出会う、これまで仕事上で関係のある人を起業に誘うなど方法はたくさんあるかと思いますので、自分に合った方法で仲間を探すと良いでしょう。

3.起業とお金について

ここでちょっとお金の話です。起業することやビジネスについて想像することはいくらでもできますが、おそらくほとんどのビジネスの場合はお金がかかります。要は起業する時点で事業資金がなければいけません。

映画やドラマであればお金の無い状態からビジネスを成功させてお金持ちになる、といったストーリーも描けますが、現実ではそうにもいかないので、まずは資金について考えておきましょう。

一般的には、起業する場合は銀行などからの融資を受ける方法があります。しかし必ず融資を受ける審査を通過できるわけではなく、そもそも自己資金の金額によって融資を受けられる金額が決まるため、いずれにしても事前にお金を準備しておくことが必要です。

4.起業したいなら経験と人脈も大事

アイデアとお金があればビジネスが現実味を帯びてきますが、あとは想像したことを実現するために「経験」「スキル」「人脈」は持っておいた方が良いでしょう。

ここでいう経験やスキルは、営業スキルや社会経験だけではなく「お金」を管理するスキルも大切です。会社であれば経理や総務が行ってくれていた仕事も、すべて自分でできるようにならないといけません。

税理士さんに依頼することもできますが、経営者が何も把握していないと後々大変なことになりますので、最低限の知識は持っておいた方が良いです。

また人脈も起業には大きく影響してくるでしょう。困ったときに仕事の相談に乗ってくれるビジネスパートナーがいるだけで、心強さが違ってくるでしょう。起業すると自分で仕事を見つけなければいけなくなるため、仕事を紹介してもらうという意味でも人脈は早いうちから作っておいた方が良さそうです。

5.まとめ

起業する前の準備や考え方、起業したい人との出会い方についてお話させていただきました。

起業をしたいと思う理由は様々だと思いますが、起業する前の準備次第で結果は変わります。

もちろん準備段階で悩みすぎて行動できないのもよくありませんが、勢いだけで行動してしまうよりも、計画は最低限立てておくことで周囲の協力も得ることができるでしょう。

自分のアイデアでビジネスができるととても面白いと思いますので、起業を考えている方はぜひ最適な準備と環境を作れるように頑張ってください。

◆融資って何?

そもそも「融資」って何ですか?融資が何か詳しくご紹介します!

 

◆融資って経営・独立に必要?

融資って経営・独立に必要?

 

◆初めて融資を受ける場合は、何をすればいいの?

はじめての融資!融資を受ける準備は何をすればいい?

 

◆多くお金を借りるためにはどうしたらいい?

日本政策金融公庫から融資で1円でも多く、融資金額を引き出す方法とは?!

 

◆金利は何パーセントになるの?

日本政策金融公庫の金利計算をシミュレーション!金利が0.1%変わると返済金額はどう変わるのか?

 

◆返済期間はどれくらい?

創業時に日本政策金融公庫でお金を借りる場合の返済期間は、5年以上!?

 

◆政府系金融機関の日本政策金融公庫って借りやすいの?

日本政策金融公庫を利用する8つのメリット1つのデメリット

 

◆制度融資って何?

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

 

◆保証協会付の融資って何?

創業者にとっても味方である、信用保証協会とは?

 

◆創業時はどの融資制度が良い?

創業融資なら日本政策金融公庫か信用保証協会の制度融資のどちらが良い?

 

このようなお悩みを解決するために、創業融資ガイドでは、1つ1つ丁寧に資金調達について開設しております。

ぜひ、皆様の創業・独立開業・経営にご活用ください。

 



会社設立後に、倒産リスクを大幅に軽減するための方法とは?

倒産リスクを軽減させるためには、創業してすぐに日本政策金融公庫を利用すべき

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 日本政策金融公庫から創業時に融資を受けたい
  • 会社の倒産リスクを軽減したい
  • 毎年会社を成長させていきたい
  • 余裕があるタイミングで融資を受けておきたい
  • 低金利で融資を受けたい
  • 独立をするために資金が必要

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

起業者支援の専門家に相談してみませんか?