ベンチャー企業に向いている資金調達法は?高額資金調達に成功した企業の共通点

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
会社設立支援や資金調達支援など、これから起業を検討している方やすでに起業している経営者の皆さんを様々な角度からサポートしています。

審査ジャッジ_R

ベンチャー企業とは画期的な新しいサービスや商品を開発する会社で、創業から約5年以内ぐらいの若い会社を指します。

ベンチャー企業は他の中小企業にはない特色があるため、その特色を生かした方が資金調達は成功します。ベンチャー企業に向いている資金調達法にはどのようなものがあるのでしょうか。

 1. 資金調達を考える前に、まずは自社の特色をよく考えよう

①「自社の事業分野は何?」

最新の技術を持つIT企業であれば、地元の信金よりもむしろクラウドングやエンジェル投資家からの資金調達の方が向いている気がする。そういった「~な気がする」という肌感覚はビジネスオーナーにとって重要です。

本来、事業分野で資金調達の格差はあるべきではありません。しかし、実際問題として資金調達の世界ではどうしても事業との相性の良さというものは存在します。初めての資金調達にはどの種類が向いているのか、検討してみました。その結果、以下のように事業分野や初回の希望資金調達額によって向いている資金調達法が異なることが分かりました。

Venture

資金調達額が低い(~数百万円)場合は、資金調達しやすい方法としてクラウドファンディングがおすすめです。クラウドファンディングをチェックしている客層は数千円~数万円での少額で支援しますが、市場ボリュームは大きいです。みんなの欲しがるサービスをプロジェクトとして提示すれば、比較的成功率は高くなります。

アプリ開発

少子高齢化や共働きの増加を背景として、家事支援や物流のスマート化など新たな分野の創業が目立っています。その反面、スマートデバイスや人不足で忙しい時代背景を基に新聞や紙雑誌、スーパーなどの実店舗での小売業などの衰退が著しくなっています。

また、物流などの大規模な事業や、他企業を巻き込める事業の場合はエンジェル投資家やベンチャーキャピタルからの資金調達が可能です。ベンチャー企業と言っても、今は東京大学大学院や元NTT、元マイクロソフトなどのネームバリューある企業や大学出身の方が代表の場合は、スポンサーには困りません。

助成金と補助金でお金を工面する

また、助成金や補助金の存在も見逃せません。助成金と補助金は後払い(キャッシュバック)の仕組みで即効性はありませんが、返済不能な点が融資と比較して非常に魅力的ですベンチャー企業ではITツールを導入する企業も多いので、IT導入補助金はチェックすべき補助金です。また、常時雇用する従業員がいるのであれば両立支援等助成金キャリアアップ助成金などの雇用系助成金も狙えます。

2.「売上規模と成長度はどのくらい?」

ベンチャー企業の中でも創業から2年以内ぐらいの段階の企業をスタートアップ企業と呼びます。また、ベンチャー企業でスタートして6~7年目を経過して中堅企業に成長した場合、その企業は既にベンチャー企業とは言えない状況になっています。

売上規模成長段階向いている資金調達法
0~400万円1~2年以内・クラウドファンディング

・親や知人からの借り入れ

・ビジネスローン

400万円~1,500万円1~2年以内・クラウドファンディング

・日本政策金融公庫の創業融資

・ビジネスローン

600万円~5,000万円3~5年以内・日本政策金融公庫の中小企業経営力強化資金

・エンジェル投資家

5,000万円~1億円1~3年以内・エンジェル投資家
1億円~10億円1~3年以内・エンジェル投資家

・ベンチャーキャピタル

10億円以上10年以上・株式発行

・社債発行

売上の低い時期ではクラウドファンディング、親族や知人からの借り入れ、ビジネスローンなどが現実的な資金調達法です。売上が上がるにつれ、資金調達法は異なります。

エンジェル投資家ベンチャーキャピタルの場合、多額の資金を提供してくれますが、その代わりに株式や会社の意思決定権などを渡さなければいけないというデメリットもあります。

 3.日本政策金融公庫で2千万円以上の融資は難しい→協調融資とは?

ベンチャー企業の中には、少額ではなかなか実現できないという種類の事業もあります。事実、これまでIT系で多額の資金調達に成功したスタートアップ企業の記事を見る限りでは、彼らの初期段階の資金調達は100万円、200万円といったレベルのものではなく、もう少し高額なもの(最低600万円~)となっています。

公的金融機関の日本政策金融公庫では、初回の融資では個人申込の場合で~1,000万円、株式会社SoLaboのような認定支援機関を通じる場合で~2,000万円と決して高額な融資には対応していません。

そのため、2千万円以上の融資を希望であれば協調融資(日本政策金融公庫が持つシンジケートの中にある提携金融機関と併せて融資を受ける方法)で融資を受けることになるでしょう。

 4.シリコンバレー系の記事を見ても関係ない部分も多い。現実的な目を持とう

ベンチャー企業の資金調達の記事では、華々しい記事を多数見かけることがあります。〇〇が20億円の融資に成功!などの記事を見れば、自分の事業でもなんだか成功するのではないか、という気がしてきます。

しかし、それらに踊らされず着実な目を持つことが資金調達の上でとても重要です。あなたの事業の売上や業績が伸びれば、自然と投資家の方から声がかかります。高額な資金調達に成功するベンチャー企業は、それだけ魅力のある企業です。例えば、需要のあるサービス・経営者のバックグラウンドや経歴がしっかりしている・業績が急成長中などの場合が多く資金調達に成功しています。

 まとめ

ベンチャー企業は革新的なアイディアや急進力を武器に成長できる可能性が大いにあります。その反面、ベンチャーならではの苦労として資金調達が難しいというデメリットもあります。

大学系や元エンジニアなどの背景を活かして多額の資金をVCから調達しても、会計や経営の方は苦手で数億円を数年で使い果たしてしまうベンチャー企業も存在します。

 

◆融資って何?

そもそも「融資」って何ですか?融資が何か詳しくご紹介します!

 

◆融資って経営・独立に必要?

融資って経営・独立に必要?

 

◆初めて融資を受ける場合は、何をすればいいの?

はじめての融資!融資を受ける準備は何をすればいい?

 

◆多くお金を借りるためにはどうしたらいい?

日本政策金融公庫から融資で1円でも多く、融資金額を引き出す方法とは?!

 

◆金利は何パーセントになるの?

日本政策金融公庫の金利計算をシミュレーション!金利が0.1%変わると返済金額はどう変わるのか?

 

◆返済期間はどれくらい?

創業時に日本政策金融公庫でお金を借りる場合の返済期間は、5年以上!?

 

◆政府系金融機関の日本政策金融公庫って借りやすいの?

日本政策金融公庫を利用する8つのメリット1つのデメリット

 

◆制度融資って何?

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

 

◆保証協会付の融資って何?

創業者にとっても味方である、信用保証協会とは?

 

◆創業時はどの融資制度が良い?

創業融資なら日本政策金融公庫か信用保証協会の制度融資のどちらが良い?

 

このようなお悩みを解決するために、創業融資ガイドでは、1つ1つ丁寧に資金調達について開設しております。

ぜひ、皆様の創業・独立開業・経営にご活用ください。

 



株式会社SoLaboがあなたの融資をサポートします!

株式会社SoLaboは、中小企業庁が認める認定支援機関です。
これまでの融資実績は2,400件以上。
とくに日本政策金融公庫からの融資サポートに力を入れています。

- SoLabo(ソラボ)の特徴 -

  • 融資相談無料
  • 着手金ゼロ 完全成功報酬
    (12万円もしくは融資額の2%のいずれか高い方)
  • 提出書類作成と面談サポート
  • 日本全国対応可能

起業者支援の専門家に相談してみませんか?