会社名や屋号の決め方:インパクトのある&実体を表す名前が成功のカギ

株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
会社設立支援や資金調達支援など、これから起業を検討している方やすでに起業している経営者の皆さんを様々な角度からサポートしています。

company

起業して会社設立するときや個人事業主として事業をスタートするとき、頭を悩ませるのが会社名(商号)や屋号でしょう。

個人事業主の場合、屋号は必須ではありませんが、会社を設立する場合、会社名を決めなければならなりません。

「名は体を表す」というように、会社の名前も、会社の中身や性質を表すもの。できればビジネスの成功を引き寄せるような、インパクトのある、ピッタリの会社名や屋号にしたいですよね。

そこで今回は、会社名や屋号の決め方について、法制上の制約やポイント、ネーミングテクニックをご紹介します。

1.会社名や屋号を決めるときの法制上の制約

「会社の名前」と一言でいっても、会社法人と個人事業主では、事情が違います。

会社法人の会社名は「商号」と呼ばれ、会社設立時に登記することによって法的な効力が発生します。一方、登記をしない個人事業主が名乗る会社名は「屋号」と呼ばれ、法的な効力はありません。

会社法人の会社名(商号)については、法律により定められたルールがあります。会社法人の会社名を決めるときは、このルールに違反することがないよう、注意してください。

なお、個人事業主の屋号は、法人と誤解されるような「株式会社」を入れたり、商標登録されている名称を入れたりしない限り、法制上の制約はほぼありません(ただし、はりきゅうのような業種によっては制限あり)。

(1)会社名(商号)の中には必ず「株式会社」や「合同会社」と言う文字を入れる

会社法人の会社名(商号)には、株式会社の場合は「株式会社」を、合同会社の場合は「合同会社」を、必ず入れます。入れる場所は、会社名の「前」でも「後」でも問題ありません。

前に入れるか(前株)、後に入れるか(後株)、とても悩まれる方が多いですが、決め方のポイントは「言葉にしたとき、どちらの方が言いやすいか」と「どちらがおさまりがよく見えるか」です。

なお、一般的に、社名が先に来る前株は、会社名の印象が強くなり、後株は固い印象を作ることができると言われます。前株と後株を比べるため、文字に書いたり、口に出して発音したりすると違いが見えてきますよ。

(2)会社名(商号)で使用できる文字には制限がある

会社名(商号)には、使用する文字についての制限があります。

  • 会社名(商号)に使用できる文字
  • 漢字
  • ひらがな
  • カタカナ
  • ローマ字(大文字・小文字)
  • アラビア数字(0,1,2,3,4,5,6,7,8,9)
  • 一定の符号「&」(アンバサンド)「’」(アポストロフィー)
  • 「,」(コンマ)「-」(ハイフン)「.」(ピリオド)「・」(中点)}

参照:商号にローマ字等を用いることについて

例えば、ローマ字だけの会社名として「ABC株式会社」や、数字だけの会社名として「777株式会社」で登記することは法律上、問題ありません。ローマ数字と日本文字を組み合わせることもできます。

なお、「株式会社」の部分を「K.K.」,「Company Incorporated」,「Co.,Inc.」,「Co.,Ltd.」などに代えて登記することはできません。

(3)同一の住所に同じ会社名(商号)は使用できない

世の中に同姓同名がいるの、同様、会社名も同じ会社名というのは存在します。同姓同名の方が住所で区別されるように、会社名(商号)も、住所で区別されます。そのため、同一の住所に同じ会社名(商号)は使用できません

例えば、東京都渋谷区恵比寿3丁目1番15号で「株式会社エビス」が存在する場合、同じ住所、東京都渋谷区恵比寿3丁目1番15号で「株式会社エビス」を設立することは出来ません。

現時点では、非常に少ないレアケースですが、今後、リモートワークが主流になっていく中で、バーチャルオフィスも増えるでしょう。バーチャルオフィスの会社が同一の住所を利用する場合、同一の会社名がないか、チェックする必要があります。

会社名(商号)が住所で区別される以上、有名企業と全く同じ会社名で登記することもできます。しかし、相手先の会社から不正競争防止法などに基づいて、訴えられる可能性があるため、有名企業と同一の社名にするのは避けましょう。

2.会社名や屋号の決め方のポイント

会社法人の会社名(商号)、個人事業主の屋号に共通する名前の決め方のポイントについて、ご紹介します。

(1)会社名にまつわるドメイン取得できるかをチェックする

マーケティングにおいてウェブサイトが重要な役割を果たす場面が多くなってきています。

コロナ禍を通して、今後、ウェブサイトが会社の顔となる方向性は揺るがない、と断言できます。

会社名にまつわるドメイン(URL、ウェブサイトの住所)が使用できるか、事前に検索してチェックしましょう。既に、同じ業種で同じ会社名がいないかもチェックできます。

(2)会社名は、実体を表すものにする

会社名は、実体を表すものにするのもポイントです。

例えば、屋号であれば、業種や業態、事業者の名前や地名などを含めるのも、おすすめです。事業規模が限定的な個人事業主の屋号の場合、具体的なわかりやすさは、そのまま信頼につながるでしょう。

逆に、商号の場合、会社法人の事業規模が大きくなったり、業種が複数にまたがったりすることがあるので、屋号と同じスタンスで決めてしまうと、後々大変です。

おすすめは、起業するあなたの好きなものや、好きな言葉、大切にしている理念やポリシーなど、あなた自身の核のようなキーワードを盛り込むことです。なぜなら、会社はあなたの分身のようなもの。あなた自身が大切にしているこだわりや思いこそが、会社の「実体」に当たると言えるでしょう。

(3)会社名は短く、発音しやすいインパクトのあるものに!社名の由来をすんなり答えられるとベスト

会社名は、覚えてもらいやすさもポイントです。

会社名を実際に声に出してみて、長く感じたり発音がしにくいと感じたりした会社名はまず覚えてもらえません。短く、発音しやすいインパクトのあるものにするのが基本です。

会社名は、必ず「なぜ、その会社名になったのですか?」と聞かれます。ユニークで「なるほど!」と思える返答ができれば、その質問は、相手に会社名を覚えてもらえるチャンスになるでしょう。

例えば、有名IT企業Appleの会社名は、創業者スティーブ・ジョブズが尊敬するアーティストのビートルズが発端だそうです。

社名の由来をすんなり答えられさえすれば、一見ピンとこない言葉だったとしても、印象深いキーワードになるのです。

3.会社名や屋号のネーミングテクニック

会社名の決め方の制約とポイントをご紹介しましたが、もっと知りたい!という方はネーミングの参考になるウェブサイトとテクニックをご紹介します。

社名は内外へ発信するコンパクトなマーケティング・メッセージ

マーケターの小笠原氏のブログです。ネーミングの5I(ファイブアイ)ルールを含め、覚えやすくインパクトのある会社名の15の共通点を解説して下さっています。また、それらの共通点を網羅した会社名の実例も紹介されています。

ネーミングチェック

どちらかといえば社名より、商品名を考えるときに有効なテクニックですが、ネーミングでおさえるべきチェックポイントが紹介されています。母音や子音の違いによる音の要素や、見た目を左右する画数の要素など、ネーミングテクニックを別視点からご紹介してくださっており、新しい発見があることでしょう。

由来.jp

会社名をクリックするとその由来を確認することができます。あいうえお順で、非常に多くの会社名の由来を紹介されていますので、同業の大手会社法人などはチェックしてみると、特に参考になるでしょう。

まとめ

会社名や屋号は、会社の顔です。会社名を後から変更することもできますが、できれば末長く使っていきたいですよね。多くの方に会社が認知され、愛され続けるためにも、しっくり来る会社名に決めましょう。

◆融資って何?

そもそも「融資」って何ですか?融資が何か詳しくご紹介します!

 

◆融資って経営・独立に必要?

融資って経営・独立に必要?

 

◆初めて融資を受ける場合は、何をすればいいの?

はじめての融資!融資を受ける準備は何をすればいい?

 

◆多くお金を借りるためにはどうしたらいい?

日本政策金融公庫から融資で1円でも多く、融資金額を引き出す方法とは?!

 

◆金利は何パーセントになるの?

日本政策金融公庫の金利計算をシミュレーション!金利が0.1%変わると返済金額はどう変わるのか?

 

◆返済期間はどれくらい?

創業時に日本政策金融公庫でお金を借りる場合の返済期間は、5年以上!?

 

◆政府系金融機関の日本政策金融公庫って借りやすいの?

日本政策金融公庫を利用する8つのメリット1つのデメリット

 

◆制度融資って何?

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

 

◆保証協会付の融資って何?

創業者にとっても味方である、信用保証協会とは?

 

◆創業時はどの融資制度が良い?

創業融資なら日本政策金融公庫か信用保証協会の制度融資のどちらが良い?

 

このようなお悩みを解決するために、創業融資ガイドでは、1つ1つ丁寧に資金調達について開設しております。

ぜひ、皆様の創業・独立開業・経営にご活用ください。

 



会社設立を安く最短でミスなく行いたい方へ

月間問合件数200件 会社設立全部おまかせ

下記の条件に1つでもあてはまる方は、ぜひお気軽にご相談ください。

  • いつ起業、会社設立するか、具体的な日時が決まっている (3ヵ月以内)
  • すぐにでも事業を始めたい
  • どんなサービスで事業を始めるか、ある程度決めている
  • 合同会社と株式会社、どちらにするか迷っている
  • 正直、書類作成はなるべくやりたくない、やる時間がない
  • 経営、会計について相談できる人が身近にいない

会社設立サポートサービスには以下のようなメリットがあります。

  • 100件/月以上の相談に対応する専門コンサルタントが
    無料相談でヒアリングの上会社設立に必要な手続きや、適した会社形態をアドバイスします。
  • 自分でやると80時間以上かかる手続きが、
    1~2時間のヒアリングと、打ち合わせ場所への移動時間で完了します。
  • 専任担当者が代理として手続きするので、法務局に行かなくてすみます。 
    (※一部地域を除く)
  • 電子定款で手続きをするので、収入印紙代などの約3万円以上を節約できます。
  • 専門コンサルタントが会社設立後も全力でサポート!節税のポイントを伝授します。

「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」アンバサダー
ロンドンブーツ1号2号 田村淳

起業者支援の専門家に相談してみませんか?