もし出張中に事故が起きた場合、労災となるケースとならないケースの違いは?

もし出張中に事故が起きた場合、労災となるケースとならないケースの違いは?【相談内容】
出張中に、仕事と関係のない私的行為・恣意的行為を行っている場合、その間は業務が中断され、事故による負傷は労災の給付が認められないといわれています。

では、どのようなケースで労災が認められるのでしょうか?
出張時の考え方において注意すべき点があれば教えてください。

続きを読む…


得意分野に精通した 心強い味方の見極め方 ~税理士と社労士~

得意分野に精通した、 心強い味方の見極め方~税理士と社労士~専門家は、対象となる専門分野があまりにも広いため、すべての業務に精通しているわけではありません。
たとえば税理士は「節税に強い」「不動産分野に強い」「相続税・贈与税に強い」など、一人ひとりに得意分野があります
豊富な経験と知識があるため、得意分野に関しては個々の状況に応じた的確なアドバイスをしてくれるでしょう。

しかし、得意分野以外に関しては、いわゆる「マニュアル的な対応」になりがちです。

続きを読む…


季節的業務の雇用延長後に解雇をする場合、予告は必要?

季節的業務の雇用延長後に解雇をする場合、予告は必要?【相談内容】
海水浴場などでの季節的業務を行うため、2ヵ月の契約で新たに従業員を雇い入れました。
その後、夏日が続いた影響で浴場経営を継続させる必要性から、従業員の雇用期間をさらに3ヵ月間延長しました。

しかし、思ったほど海水浴客が増えず、雇用を継続することが困難になったため、雇用を開始して4ヵ月目に解雇することになりました。

この場合、30日前までに解雇予告をすることが必要でしょうか?

続きを読む…


自社株式の相続税・贈与税は、納税を猶予することが可能!?

自社株式の相続税・贈与税は、納税を猶予することが可能!?

オーナー経営者が急に亡くなり、早急に自社株式の相続対策を行わなければならなくなった――。 そんなときの対策として注目すべきなのが、議決権のある株式の3分の2を上限として、納税の猶予ができる“非上場株式の相続税・贈与税納税 […]

続きを読む...

年次有給休暇の残日数は、通知する必要がある?

年次有給休暇の残日数は、通知する必要がある?

退職日が決まった従業員から、「未消化の年次有給休暇があるはずなので、買い取ってほしい」と言われました。 「未消化分を買上げる義務はない」と伝えると、「年次有給休暇の残日数を把握できず、すべて消化できなかったのは、残日数の […]

続きを読む...

“無期転換ルール”を適用した場合、有休はリセットされる?

“無期転換ルール”を適用した場合、有休はリセットされる?

来年“無期転換ルール”を行使し、有期労働契約から無期労働契約になる予定の社員がいます。 その場合、新しい労働契約を締結することになると思いますが、年次有給休暇(以下、有休)の付与日数を算出する勤続年数はどのように扱うべき […]

続きを読む...

年会費や入会金、課税の基準は?

年会費や入会金、課税の基準は?

ビジネスをしていると同業者団体や組合などに加入が必要なことがあります。 例えば、同じ業界での親睦や地位向上、技術向上のため、付き合いで、ということもあるでしょう。 こういった団体に所属した際の年会費や入会金の請求書を見る […]

続きを読む...

経営者にとって 頼りになる専門家とは?

経営者にとって 頼りになる専門家とは?

資金調達は「お金を確保できれば終わり」ではありません。 資金の確保はあくまで「事業を拡大して顧客満足度を高める」「新しい商品やサービスを市場に提供する」など、ある目的を達成するための準備であり、スタートです。 そこから走 […]

続きを読む...

振替休日を設定する場合、労働日よりも前に休むのは違法?

振替休日を設定する場合、労働日よりも前に休むのは違法?

機械の入れ替えのため、休日に作業を行う必要があります。 事前にスケジュールを組めるので、振替休日で対応しようと考えていますが、 ①日曜日に出勤し、次の水曜日を休みにする案 ②水曜日に休んだ後、次の土曜日に出勤する案 2つ […]

続きを読む...

経営者の仕事とは?

経営者の仕事とは

あなたは、月にどれくらい稼げる経営者になりたいと思っていますか? もし月に 22 日、毎日8時間働いて100万円稼ぎたいのであれば、あなたの時 給は約5700円になります。 ただし創業当初、従業員と呼べるのは奥様だけ。ま […]

続きを読む...

求職者に採用内定を出したら、労働契約が成立する?

求職者に採用内定を出したら、労働契約が成立する?

従業員採用は多くの企業で行われており、たとえば新卒採用のように、即採用せず“内定”を出している企業も少なくないでしょう。 万が一、内定を出した後の顔合わせの席で“こういう人を採りたいわけではなかった!”と判明した場合、内 […]

続きを読む...

子供に土地を売却したら贈与税の対象に!? 親族間での財産譲渡に要注意

子供に土地を売却したら贈与税の対象に!? 親族間での財産譲渡に要注意

配偶者や子供への財産譲渡は生前の相続対策としてもよく利用されます。 贈与の場合には原則として贈与税が課せられますので、高額財産についてはあまり現実的ではないかもしれません。そこで、親族間で土地等を移転する場合、売買とする […]

続きを読む...

育休の取得予定者は、年休の計画的付与の対象となるのでしょうか?

育休の取得予定者は、年休の計画的付与の対象となるのでしょうか?

当社で、年次有給休暇(以下、年休)の計画的付与制度の導入を検討しています。 育児休業(以下、育休)の取得予定者に対して、計画的付与の予定日をどう扱うべきでしょうか? また、1歳6ヵ月や、2017年10月に改正された育児・ […]

続きを読む...

実例から学ぶ! デキる経営者の資金調達法 その2

実例から学ぶ! デキる経営者の資金調達法

実際にあった事例をもとにしながら、それぞれの状況にぴったりの資金調達に向けた有効手段を学んでいきましょう。 事例を参考に、どの方法がご自身の状況にふさわしいか、考えて読んでみてください。  

続きを読む...

試用期間中の給与は減額できますか? 期間は?

試用期間中の給与は減額できますか? 期間は?

お金をかけてどうにか採用できたけれど、期待したほど仕事はできない。 もう少し給与を安くすればよかった。 もしくは今後、試用期間中は給与を減らしたい。 今回は、試用期間中に給与は減額できるのか、試用期間の一般的な期間設定な […]

続きを読む...