給与計算を自社でやらない方がよいたった一つの理由

給与計算を自社でやらない方がよいたった一つの理由

みなさんの会社では、給与計算をどのように処理していますか?

自分でExcelを使って計算したり、クラウド給与計算ソフトを使用したり、いろいろ手段があるかと思います。

実は、会計事務所にも給与計算をお願いできるのをご存知でしたか?
会計事務所にまかせられるのは、単純な記帳代行や、経理代行だけではありません。
給与計算もお願いすることができます。

ここでは、なぜ給与計算を外部にお願いした方がよいか、その理由についてご紹介します。

続きを読む…


社員30名以内の企業なら経理全てをむしろアウトソーシングした方がよい理由

社員30名以内の企業なら経理全てをむしろアウトソーシングした方がよい理由

いますでに月5万円も税理士に顧問料として支払っている、そのうえ月15万円も外部に払いたくない、と思う社長さんは大勢いると思います。

ですが、考えてみてください。

経理を外注化せずにそのままにしていたら、どうなるでしょうか。
多くの会社では、年功序列で経理担当者の給料は上がっていきます。

経理作業の効率は、3年もやればだいたいの人が同じ水準に到達します。

ですから3年以上の人に任せたままにしておくと、それ以上は給料が上がった分だけ無駄なコストとなってしまうのです。

続きを読む…


社長が経理を丸投げする場合、最低限注意すべきポイントとは

社長が経理を丸投げする場合、最低限注意すべきポイントとは

以前の記事でもご紹介したように、社長が自ら帳簿をつけても1円も儲かりません。

経理や税金の専門家の税理士に任せてしまうのが一番です。

深夜に、仕事が終わって疲れている身体にむち打って、伝票の仕訳をしている社長さんがいますが、これはいくらやっても意味がありません。

そのようなことに汗を流すよりも、自分がいくら儲けたいかを考えてみてください。

続きを読む…


粗利益1億円未満の会社が、経理業務で正社員を雇わない方がよい理由

粗利益1億円未満の会社が、経理業務で正社員を雇わない方がよい理由

以前ご紹介した記事で、「経理業務は丸投げしなさい」と書きました。 では、どこに「丸投げ」するのがよいでしょうか。 会社が大きくなってくると、簿記の資格をもっている人を経理担当の正社員として雇おうとする社長さんがいます。 […]

続きを読む...

なぜ経理は丸投げした方がよいのか

なぜ経理は丸投げした方がよいのか

ここで、とても大切なことを述べます。 プレイングマネージャーと呼ばれる人達がいます。 野球では、選手兼監督といった人がそうですし、ビジネスの現場では営業マン兼管理職といったところでしょうか。 営業マンの場合、その部署のト […]

続きを読む...

売上仕入について理解する

売上仕入について理解する

経理つまり経営管理の役目は、お金の流れを把握して、できるだけ多く手元にキャッシュを残していくことです。 そのためには、入金と出金の内訳を明確に分けて確認できる能力がなければなりません。  

続きを読む...

社長は経理を「流れ」でとらえましょう

社長は経理を「流れ」でとらえなさい

そもそも経理とはどのような仕事の範囲のことをさすのでしょうか。   普通の人に「経理とは何か」と質問すると「売上や経費を記帳したり、仕訳していく〝単純作業〞だよ」と捉えている人がほとんどです。 経理を個々の単純作業ととら […]

続きを読む...

なぜ経理業務の効率化ができないのか

なぜ経理業務の効率化ができないのか

この記事は、社長にとって必要な、経理の知識についてまとめたものです。 …と書くと、とたんに読まれていて気が重くなる方がたくさんいらっしゃるかもしれません。 なぜ経理は、経営者から面倒だと思われたりするのでしょうか。 それ […]

続きを読む...

まずは現状を把握し計画を立てることから

まずは現状を把握し計画を立てることから

具体的にキャッシュリッチ経営をめざすためには、何をすべきなのでしょうか。   売上ではなく、利益に重点をおいた経営をすればよいのでしょうか。   間違ってはいけないのは、利益も売上と同じく、単なる会計上の活用解釈です。 […]

続きを読む...

経営改善の決め手は売上アップではない

経営改善の決め手は売上アップではない

自社が経営の改善をしなければいけないとき、皆さんなら何をしますか。 多くの場合、何とかして売上をあげようとするでしょう。 売上さえあがれば、キャッシュが潤沢になって、すべてがよくなると思いがちなのですが、何度も述べている […]

続きを読む...

会社経営にお金はどれくらい必要か

会社経営にお金はどれくらい必要か

多くの起業を予定している方からいただく質問で「会社経営にお金はどれくらい必要か」というのがあります。 結局のところ、会社を経営していくうえで、手元にはどのくらいのお金をおいておけばいいのでしょうか。 3~6ヵ月、売上がゼ […]

続きを読む...

手元にお金を残す3つのポイント

cash-3point

インターネットのSEO対策を事業としている会社の若い経営者から受けた相談です。 「個人事業からはじめ、いまは株式会社にして売上は5倍近くに伸びています。 儲かっているはずなのに、お金は手元にあまりない気がするのです。 ど […]

続きを読む...

社長はキャッシュリッチ経営を目指しましょう

社長はキャッシュリッチ経営を目指しなさい

「キャッシュリッチ」という言葉をご存じでしょうか。 ほとんどの人にとって、初耳だと思います。普通はキャッシュフローというからです。 キャッシュフローとは資金の収支のことをいいます。 対して、キャッシュリッチというのは、資 […]

続きを読む...

運転資金が増えていく「増運の会社」、運転資金が減っていく「減運の会社」、その違いとは

運転資金が増えていく「増運の会社」、運転資金が減っていく「減運の会社」、その違いとは

突然ですが、会社には2種類あるということをご存じでしょうか。 有限会社と株式会社ではありません。 「運」という観点から見た場合、会社には「増運の会社」と「減運の会社」があるのです。

続きを読む...

借り入れの3つのメリット

借り入れの3つのメリット

借り入れについて補足しておきましょう。   無借金経営は「がんばった結果」そうなるならかまいませんが、それを「目標」にするのは間違っています。   いや、もっと別の言い方をすれば、金利以上に稼げばいいのです。

続きを読む...